文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 10月14日(水)付け紙面より

NZトライアスロンチームへ応援動画 ホストタウン酒田市「元気で五輪迎えて」市民出演し制作

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京五輪・パラリンピックが延期となる中、ニュージーランドトライアスロンチームのホストタウン登録を受けている酒田市は現在、同国の選手を元気づけようと、丸山至市長はじめ市民出演による応援メッセージ動画を制作している。撮影・編集を担当しているのは県立酒田光陵高校情報科3年生5人。動画は今月末に完成する予定で、国が開設する「ホストタウン専用サイト」などに掲載する。

 同校の教職員・生徒で組織する一般社団法人「SKIES」(代表理事・鈴木和仁校長)が、市ホストタウン推進協議会(会長・丸山市長)の依頼を受けて作業。今年8月中旬以降、ビジネス流通科の生徒が撮影の業務計画と依頼、交渉を、情報科の生徒が撮影・編集をそれぞれ担当し、これまで浜田小、酒田二中、酒田東高、東北公益文科大などで声を拾い集めた。

 市庁舎での撮影は5日に行われ、市公認キャラクター「もしぇのん」「あののん」に囲まれ、「Go for it!(頑張れ、応援しているの意)」と書かれたフリップを手にした丸山市長は「ラーメンがおいしい素敵な街・酒田にようこそ」と。情報科の生徒たちはバックボードや立ち位置を念入りに確認し、ビデオカメラに収めていた。ディレクターを務めた情報科3年の佐藤雛奈さん(17)は「選手の皆さんは努力していると思う。来年こそ元気に全ての力を東京で発揮してほしい。同国の人たちに楽しんでもらえる動画にしたい」と語った。

 動画ではホストタウン相手国の国歌をBGMとして使用することになっていることから、演奏は光陵高吹奏楽部が担う。同協議会によると、完成した動画は専用サイトとともに市ホームページに掲載する他、同国関係機関に送付するという。

公認キャラ、市職員らに囲まれ、応援動画にメッセージを寄せる丸山市長(中央)=5日午後、酒田市役所
公認キャラ、市職員らに囲まれ、応援動画にメッセージを寄せる丸山市長(中央)=5日午後、酒田市役所



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field