文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 10月21日(水)付け紙面より

雪氷作業車出動式 今シーズンの安全願う

 NEXCO東日本鶴岡管理事務所は19日、恒例の雪氷作業車出動式を山形道鶴岡インターチェンジに隣接する同管理事務所で行った。雪氷対策作業の安全を願って高速道、県警ら関係者65人が参加、羽黒山の山伏が訪れ、安全祈願式が行われた。

 その後の出動式で布施光啓所長(52)は昨年度、記録的な暖冬で山間部では例年の3割の少雪だったことを振り返りながら「今年は長期予報では例年並みの積雪と予報が出ている。そして、いつ集中的な豪雪がないとも限らない。高速道路は気象条件が厳しい冬がなおさら重要な季節。迅速で円滑な技術をフルに生かし今年の雪に向かっていこう」と職員たちに呼び掛けた。

 市内「美咲の森保育園」の園児たちに除雪車のオペレーターは花束を贈られ、山伏たちのほら貝に送られながら、出発した。高速道の除雪作業期間は11月1日~来年4月15日とされ、路面凍結などに対して100台を超える車両が出動する予定だ。

小さい花束が贈られた
小さい花束が贈られた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field