文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 10月25日(日)付け紙面より

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミナーを開催する。

 看護職に魅力を感じてもらう機会を設けることで看護師の人材確保を図ろうと、同保健所が2013年から開催。県看護職員需給推計(今年3月策定)によれば県内における2025年の需要数1万7412人に対し、供給数は1万6768人と、644人の不足が見込まれ、医療提供体制の充実強化が課題となっている。

 23日は鶴岡市内5校から男女23人が参加。同保健所による看護学校の情報提供や同病院の看護師が講師役となった実技講習、講話などを実施した。このうち、実技講習ではバイタルサイン測定や手術室体験が行われ、学生はグループに分かれて実際に手術で使用される器具などに触れたりしながら看護師の役割について説明を受けていた。

 参加した鶴岡工業高2年の姉崎来輝(らいき)さんは「看護師は女性が多いイメージだったが、今日参加をしてみて男でも活躍できる場面があると思うことができた」とし、同保健所の渡部順子地域保健主幹は「自宅から通うことができる看護を学ぶための学校が庄内にはあるので、安心して勉学に励んでもらい、地元の医療に携わってほしい」と話していた。

座学と実技講習を通じて看護師の仕事に理解を深めた=23日、鶴岡市立荘内病院
座学と実技講習を通じて看護師の仕事に理解を深めた=23日、鶴岡市立荘内病院



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field