文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 10月29日(木)付け紙面より

月山道 冬タイヤ 早めの装着を

 国土交通省の山形河川国道事務所と酒田河川国道事務所は27日、鶴岡市と西川町を結ぶ国道112号月山道を利用するドライバーに対し、チラシを配布しながら冬タイヤ早期装着の呼び掛けを行った。昨年は11月15日に月山第一トンネル付近で初雪が観測されており、11月を目安に冬タイヤへの装着を勧めている。

 山岳豪雪地帯を通過する月山道は早期積雪の恐れがあり、近年最も早い初雪日で2014年10月28日。ノーマルタイヤによる雪道での立ち往生、事故などを未然に防ぐために早期装着を呼び掛ける活動を10年以上前から展開している。

 このうち、鶴岡市では上名川の米の粉の滝ドライブインで実施され、両事務所や道路工事関係者、鶴岡警察署など20人が参加。沿道では冬タイヤ早期装着を呼び掛けるのぼりを掲げ、ドライブイン利用者には直接、声掛けを行った。

 同事務所月山国道維持出張所の舘山幸大所長は「11月に入ると月山道はいつ雪が降ってもおかしくない状況になる。急勾配な部分が多数あるので、冬タイヤ装着後もスピードの出し過ぎには十分注意してほしい」と話す。

 同署によれば、昨年までの過去5年間、同署管内における人身事故件数は年々減少しているのに対し、月山道での事故件数の割合は増加傾向。特に冬季間の事故発生が多く、1―2月にかけて集中している。

トラックや自動車が多く往来する国道112号で冬タイヤ早期装着を呼び掛けた
トラックや自動車が多く往来する国道112号で冬タイヤ早期装着を呼び掛けた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field