文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 11月19日(木)付け紙面より

慶應先端研と筑波大共同研究グループ発表

 慶應義塾大先端生命研究所(鶴岡市)と筑波大(茨城県つくば市)の共同研究グループは17日、腸内細菌がいなくなると睡眠パターンが乱れることを明らかにしたと発表した。

 発表したのは、慶應大先端研の福田真嗣特任教授と、筑波大国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史教授らの研究グループ。

 発表によると、腸内細菌叢(そう)を含む腸内環境と脳機能は「脳腸相関」として相互に影響し合っていることが以前から知られ、心身の健康維持に重要な役割を担っているとして注目されてきた。今回の研究では、慢性的に抗生物質を経口投与して腸内細菌叢を除去したマウスを使い、腸内細菌叢と脳機能の一つである睡眠の関係を調べた。このマウスの腸内内容物をメタボローム解析したところ、特にビタミンB6が減少し、脳内で神経伝達物質として働く「セロトニン」が枯渇する一方、神経細胞の活動を抑えるグリシンとγ(ガンマ)アミノ酪酸(GABA)が増加していた。

 さらに、脳波と筋電図を使って睡眠の状態を調べたところ、腸内細菌叢を除去したマウスは正常なマウスに比べ、睡眠時間帯(昼間)の睡眠が減り、活動期(夜間)の睡眠が増え、睡眠・覚醒のメリハリが弱まっていた。また、大脳皮質の活動が活発化する「レム睡眠」に特徴的な脳波シータ波が減少していた。以上のことから「腸内細菌叢の除去が睡眠の質を低下させる可能性が示唆された」としている。

 今後は、睡眠を制御する情報伝達経路の解析などを通じ、腸内環境と睡眠の相互作用を明らかにし、食を通じた腸内環境のコントロールによって睡眠を改善する方法の開発などを目指すという。

マウスを使った研究の参考図=研究発表資料より
マウスを使った研究の参考図=研究発表資料より



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field