文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 11月24日(火)付け紙面より

「希望の光」大蚕室群照らす 松ケ岡開墾150周年記念 「先人の心意気次代へ」花火打ち上げ

 松ケ岡開墾に取り組んだ旧庄内藩士たちの心意気を受け継ぎ、次代を担う子どもたちに勇気と希望のメッセージを伝えよう―。鶴岡市羽黒町松ケ岡で21日夜、「希望の光」をテーマにした花火が打ち上げられ、国指定史跡・松ケ岡開墾場の大蚕室群を大輪の華が照らした。多くの市民が駆け付け、晩秋の夜空を彩る数々の花火に見入った。

 赤川花火大会の創設に関わった同市の野口京表具店の野口淳一代表取締役が、関係者とともに9月から準備を進め、市内の約90の企業・団体の協賛を得て実現させた。新型コロナウイルス感染症の拡大で多くの祭事やイベントが中止となる中、「コロナ禍に負けないよう、市民や子どもたちに勇気を与えるメッセージを」と企画し、「松ケ岡 希望の光の会」をつくり、関係方面に働き掛けた。

 花火は同日午後6時半、開墾場南側の農地から打ち上げられた。2部構成の第1部は、日本遺産「サムライゆかりのシルク」にちなみ、姫神の「風の人」の曲に合わせ養蚕を興した開墾の物語を表し、第2部は「希望の光」と題し「鬼滅の刃」の「紅蓮華」に合わせ華やかさを演出。約10分間、スターマインや5号玉など約300発を、赤川花火にも参加する秋田県大仙市の小松煙火工業が打ち上げた。

 今回の松ケ岡希望の光は、来年の松ケ岡開墾150周年と2022年の庄内藩酒井家入部400年を盛り上げるもので大蚕室のライトアップも行われた。打ち上げを見守った松ケ岡開墾場の堀誠理事長は「花火の力に感動した。150周年記念の励みになる」と話した。

開墾150周年に向け、夜空に大輪の華を咲かせた
開墾150周年に向け、夜空に大輪の華を咲かせた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field