文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 11月25日(水)付け紙面より

酒井家庄内入部400年記念事業 次世代に未来へのメッセージ

 2022年に迎える旧庄内藩酒井家の庄内入部400年記念事業を展開する実行委員会(実行委員長・皆川治鶴岡市長、委員18人)の第2回会合が24日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれ、記念事業のキャッチフレーズを「400年から学ぶ庄内(SHONAI) みんなでつなごう将来(SHORAI)」に決めた。本年度はロゴマーク公募・製作、ホームページ立ち上げと各種情報発信などを進め、来年度から具体的な記念事業に取り組む。

 キャッチフレーズは、記念事業の基本方針「庄内の歴史を知り、庄内の精神・価値を学び考え、持続可能な未来を創造します。」を踏まえ、作成された。庄内から世界に向けて新しい豊かさ・価値を発信することをイメージしたもので、「SHONAI」と「SHORAI」を掛け合わせ、ローマ字表記を加えることで庄内から世界に向けた情報発信戦略のキーワードにする。次世代に向けた未来へのメッセージを「つなごう」に込めた。

 本年度については、22年度までの全体事業計画の案を策定するほか、庄内地域全体の機運醸成を図るため、ロゴマークを公募して一般投票で決定し、実行委のホームページを立ち上げる。

 この日の実行委では、事務局の市側が21、22年度に想定する主な取り組みを説明。入部400年の節目となる22年度に記念式典や入部行列を開催するほか、21―22年度にはガイドブック「訪れたい鶴岡」の作製、大手旅行エージェントと連携した旅行商品の造成、庄内藩や酒井家ゆかりの土産品開発、庄内各市町などとの連携事業、記念誌発行、庄内歴史文化史料のデジタルアーカイブプロジェクトの記録保存などを進める。

 実行委は鶴岡市や経済団体、小中学校、酒井家や松ケ岡開墾場の関係者らで今年3月に設立。庄内地域の他の4市町の首長も参与として加わり、庄内全体の事業として取り組んでいく。

キャッチフレーズを「400年から学ぶ庄内(SHONAI)みんなでつなごう将来(SHORAI)」に決めた、記念事業実行委の第2回会合
キャッチフレーズを「400年から学ぶ庄内(SHONAI)みんなでつなごう将来(SHORAI)」に決めた、記念事業実行委の第2回会合



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field