文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 11月29日(日)付け紙面より

酒田の新たな「玄関口」駅前再開発複合施設 活性化へA棟先行オープン

 酒田市幸町一丁目のJR酒田駅前で進む駅周辺整備事業のうち、図書館、観光案内所などが入る公共施設「ミライニ」、月見(白旗夏生社長)が運営するホテル「月のホテル」とレストラン「ALL DAY DINING月のみち」、日新開発(五十嵐渉社長)のレストラン・バンケット「ル・ポットフー」で構成する複合施設(A棟)が28日、2022年春のグランドオープンに先立ちオープンした。駅周辺のにぎわい創出、活性化に向けた酒田の新たな「玄関口」がその姿を現した。

 同事業は市と西松建設の共同出資による「光の湊」が主体となり、酒田駅前の旧ジャスコ跡地を中心とした敷地約1・4ヘクタールに、公共施設やホテルなどが入る複合施設(A棟)、バス待合、店舗もある立体駐車場(B棟)、分譲マンション(C棟)を整備する。

 先行オープンしたA棟は鉄骨造り8階建て。公共施設「ミライニ」は、憩いの場、集いの場となる「エンガワラウンジ」、雑誌・新聞コーナー、観光案内所のみ開放。図書館は22年春のグランドオープンに合わせ、市中央図書館の機能を移転する予定。2階のデッキラウンジ、学習室は、県立酒田光陵高の生徒・教職員で組織する一般社団法人「SKIES」が管理する時間のみ利用可。

 一方、「月のホテル」は「酒田らしさがあふれるコミュニティホテル」がコンセプトで、全146室。「食の都庄内」親善大使を務める太田政宏さんによる「酒田フレンチ」の歴史を受け継ぐ「ル・ポットフー」 この日午前、現地で行われたA棟オープニングセレモニーでは、関係者約80人が出席。光の湊の近藤洋社長が「新たな船出を皆さんと一緒に迎えることができ光栄。1年半後のグランドオープンに向けて再開発は、最大250人を収容する大宴会場や婚礼会場も併設している。

は続く。さらに酒田駅前を盛り上げていきたい」、丸山至市長が「官民によるシームレスな空間が誕生した。酒田の顔として多くの市民、観光客から利用してもらいたい。コロナ禍という厳しい中でのスタートだが、英知を結集し苦難を乗り越えていこう」とそれぞれあいさつ。テープカットでオープンを祝った。

 22年春には図書館機能の移転・拡充、B棟、C棟の完成、広場の造成によって全体がグランドオープンする予定となっている。

「酒田の玄関口」のオープンを祝い、関係者がテープカット
「酒田の玄関口」のオープンを祝い、関係者がテープカット



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field