文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 12月2日(水)付け紙面より

「松の勧進」ほら貝響き渡る

 師走の風物詩、出羽三山神社の「松の勧進」が1日、鶴岡市街地でも始まった。山伏たちがほら貝の音色とともに市街地を練り歩き、大みそかから元日にかけて羽黒山山頂で行われる大祭「松例祭」(国指定重要無形民俗文化財)に向けて浄財を集めている。

 松の勧進は大みそかを満願とする100日修行に励む2人の「松聖」などの山伏が、家々を回って無病息災や家内安全のお札を配る伝統行事。同神社のお膝元の羽黒町手向地区では先月15日に始まり、年末いっぱいかけて庄内一円を巡る。

 1日は市内の参籠の拠点となる山王日枝神社で祈祷した後、旧庄内藩主酒井家をはじめ、市役所や企業を訪問。今年の松聖「位上(いじょう)」の小林庸高(山伏名・良栄)さん(66)、「先途(せんど)」の芳賀耕作(同・月海)さん(72)の2人が小聖と呼ばれる山伏を従え、ほら貝の音色で城下町に師走の訪れを告げた。

松の勧進のほら貝の音色が師走の訪れを告げた
松の勧進のほら貝の音色が師走の訪れを告げた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field