文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 12月3日(木)付け紙面より

厄よけ願う「切山椒」 鶴岡

 鶴岡の冬の風物詩となっているお菓子「切山椒(きりさんしょう)」が、市内の各菓子店で作られている。厄よけや長寿への願いを込めて食べられてきた伝統の菓子で、今年は新型コロナウイルス感染症のこともあり、例年より多く、県内外から引き合いがあるという。

 蒸したもち米に黒糖、サンショウの粉を練り込んで作る餅菓子。明治初期に一日市町(本町二丁目)にあった老舗菓子店「長崎屋」の八代目・佐藤甚右エ門が、伊勢参りの帰りに浅草の仲見世の酉の市で見つけたものに着想を得たという。当初は菓子作りで出るくずを集めて乾燥させ、石臼でひいた粉を原料にした。浅草のものは短冊状だったが、鶴岡では細長い形にし、七日町観音堂(本町二丁目)の「お観音はんのお歳夜(としや)」(12月17日)のだるま市で売ることが定着。サンショウは庭の鬼門に植えて厄よけとし、多くの実をつけるため子孫繁栄も象徴。細長い形で長寿を願い、年の瀬に食べる縁起菓子として親しまれてきた。

 菓子店「木村屋」では今年、11月初旬から同市覚岸寺のファクトリーストア工場で製造を始めた。原料のもち米は昨年まで県外産を使っていたが、今年は鶴岡産「でわのもち」を50%使用。多い日には約1400箱(1箱170グラム入り)を作るという。

 吉野隆一社長(66)は「でわのもちを使い、よりコシが強く、上品な味になった。年々、内陸や県外からの注文が増えている。今年はコロナの影響で厄よけの意識が高まっているのか、例年より売れている」という。製造は今月半ばまで続く。

切山椒作りに追われる職人たち=1日午前、鶴岡市覚岸寺の木村屋ファクトリーストア工場
切山椒作りに追われる職人たち=1日午前、鶴岡市覚岸寺の木村屋ファクトリーストア工場



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field