文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 1月7日(木)付け紙面より

7-8日庄内地方 鶴岡市の小中学校7日休校決める

 山形地方気象台は6日午前、暴風雪と高波および大雪に関する気象情報を発表した。7日から8日にかけて冬型の気圧配置が強まり、庄内地方では暴風雪や高波に警戒するとともに、県内では大雪に十分注意するよう呼び掛けている。鶴岡市内の小中学校は6日、暴風雪が見込まれる7日を臨時休校することを決めた。児童生徒の安全確保のため同市教育委員会の要請に基づいて決定した。8日に3学期の始業式を予定していた小学校3校を除き、7日は同市内の小学校23校、中学校全11校が休校となる。

 同気象台によると、7日は低気圧が急速に発達しながら日本海から北日本に進み、9日にかけて冬型の気圧配置が強まる見通し。7日に予想される最大瞬間風速は、庄内の海上、陸上ともに35メートル、8日は庄内の海上が20―30メートル、陸上が25―35メートルとなっている。予想される波の高さは7日が8メートル、8日は6―8メートル。

 上空の寒気が予想よりも強まった場合は警報級の大雪となる可能性があり、県内では7日朝から予想される24時間降雪量が多い所で山沿い50―70センチ、平地30―50センチとなっている。

 暴風雪の影響に伴い全日空は6日までに、庄内空港の庄内―羽田線について、7日の全便の欠航を決めた。また、8―9日の便にも影響が出ると予想されており、今後の気象状況に応じて運航を決めるとしている。

 庄内町は5日、豪雪対策本部を設置した。町内の国土交通省狩川観測所の積雪深が同日午前の段階で78センチに達し、今後の降雪予報を考慮しての措置。

 町民生活への影響を最小限に食い止めるとともに、被害を未然に防止するために設置した対策本部は、原田眞樹町長を本部長、藤井清司環境防災課長を事務局長に、環境防災、建設両課、立川総合支所の係長級で事務局を組織する。対策本部は▽防災行政無線、チラシなどによる雪下ろしなどの注意喚起▽町内の生活道路の確保▽虚弱、障害の状態にある高齢者世帯などへの雪下ろしなどの支援▽農業施設、農産物などの対策▽水道管の凍結対策―の5点を重点的に取り組む。

 県庄内総合支庁は5日、永澤浩一支庁長を本部長とする豪雪対策本部を設置。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field