文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 1月12日(火)付け紙面より

ふるさと納税 GCF展開 旧割烹小幡の魅力アップへ

 今年の大型連休中のオープンに向け改修工事が進む酒田市日吉町二丁目の「旧割烹小幡」に関して市は現在、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディング(GCF)を展開している。目標額は200万円。

 小幡は1876年、広く酒田港を見下ろす日和山頂上に「瞰海楼(かんかいろう)」として開業。割烹料理店やダンスホールなどとして活用されたが、1998年に廃業。2009年に米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」で、本木雅弘さん演じる主人公・大悟が勤める葬儀社・NKエージェントの社屋として使われたことで一躍脚光を浴びた。

 その後、保存活用を求める声が強まり、建物を取得した市が16年度、市民ワークショップを開くなどして活用策を検討。飲食や休憩スペースを設け、日和山公園周辺の新たな観光・交流の拠点、市民の憩いの場とすることになった。

 「甦る『旧割烹小幡』の魅力と機能を充実させたい!」と銘打った今回のGCFは、内装・備品費の一部に充当。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で来月28日(日)まで募集している。GCFにあたって丸山至市長は「その景観から『瞰海楼』と呼ばれ、当時の酒田の繁盛ぶりを今に残す、この建物の魅力を体感してほしい。酒田においでの際はぜひ立ち寄ってもらえたら」とコメントしている。

魅力・機能充実のためGCFが行われている「旧割烹小幡」
魅力・機能充実のためGCFが行われている「旧割烹小幡」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field