文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 1月17日(日)付け紙面より

冬のごっつぉめぐり楽しんで 「温海旬御膳」提供始まる

 旬の食材をふんだんに盛り込んだメニューや温泉入浴などで冬の温海を存分に楽しむ「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が今年も始まった。15日から来月28日までの期間、鶴岡市温海地域内の宿泊施設や飲食店10店舗で、日本海の荒波が育てた旬の海鮮料理が提供される。

 温海旬御膳は温海地域の特色ある山海の食を提供して冬季の誘客を図り、温海地域をPRしようと、あつみ観光協会などの呼び掛けで2009年から毎年この時期に実施している。今回はあつみ温泉街のある湯温海、温海、鼠ケ関の各地区から旅館やホテル、カフェ、すし屋などで実施。旬の食材の定番料理や創作料理などを提供する。料金は施設で異なり、3000円から5000円で設定され、旅館施設は温泉入浴付きとなっている。

 このうち、寿司割烹「雅」が提供する旬御膳では、塩ベースのあっさりとした風味に仕立てた寒ダラ汁、アンコウや牡蠣(かき)を使った鍋など体温まる冬の味覚をそろえた一方で、早春を感じてもらおうと、タラノメやコゴミ、ウドなどの山菜の天ぷらを用意。地元の温海かぶを使った創作料理、鼠ケ関港などで水揚げされた海鮮をふんだんに使った握りずしや造りの盛り合わせなど、海と山の幸の両方が楽しめる。

 粕谷雅昭店主は「県内外からのお客さまに楽しんでもらうことはもちろん、地元の方にも楽しんでもらえるように地域の素材を使い、この地域にあったものを発信していきたい。どの店もメニューが違い、みんな試行錯誤を重ねている。それぞれ違うメニューを、ぜひ楽しんでほしい」と話している。

 温海旬御膳は施設によって利用時間が異なり、利用の3日前までに予約が必要。問い合わせはあつみ観光協会=電0235(43)3547=へ。参加施設は次の通り。▽あつみ温泉地区=たちばなや、あつみホテル温海荘、東屋旅館、かしわや旅館、瀧(たき)の屋、足湯カフェチット・モッシェ、末広寿し▽温海地区=寿司割烹雅▽鼠ケ関地区=鮨処朝日屋、民宿咲

鶴岡市温海地域内の宿泊施設など10店舗で提供を開始した「温海旬御膳」。寿司割烹「雅」では海と山の幸両方が楽しめる
鶴岡市温海地域内の宿泊施設など10店舗で提供を開始した「温海旬御膳」。寿司割烹「雅」では海と山の幸両方が楽しめる



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field