文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 2月20日(土)付け紙面より

厳しい状況就業可能性探る 鶴岡で一般対象の合同就職面談会

 一般を対象にした合同の就職面談会「ワークチャンス鶴岡2021春」が18日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、求職者と企業の人事担当者が面談し就業の可能性を探った。

 鶴岡公共職業安定所が県や鶴岡市、三川町、鶴岡地区雇用対策協議会などと連携して例年10月に開催しているが、本年度は新型コロナの影響で延期していた。密を避け、求人企業は午前、午後の入れ替え制とし、各20社の計40社が参加。午前10時の開始とともに求職者約30人が訪れ、希望の企業のブースで面談した。

 ともに鶴岡市内在住で、34歳の男性は「狭い部屋で密になって仕事をしている状況が改善されず、コロナが心配で転職を希望。目当ての企業と面談でき、手応えがあった」、65歳の男性は「年金をもらっており、小遣い程度の収入があればいい。職種を選ばなければそういう仕事はたくさんあるが、コロナの影響で失職した親戚もいて、若い人には大変な時代」と話した。

 一方、求人企業の宿泊業者は「雇用調整助成金を使い一部の従業員を休ませている状況だが、自分で辞めた人もいる。厳しくても営業を続けるには人が必要だが、今は敬遠されているのか、なかなか応募がない」と苦しい胸の内を語った。

 同職安管内の昨年12月末現在の有効求人倍率は1・41倍で、「宿泊や飲食など新型コロナの影響を強く受けている業種もあるが、建設や介護などは依然として求人難で、全体としては人手不足の傾向が続いている」(同職安担当者)。コロナによる失職については「求職がやや増えた時期もあるが、それほど大きな変化ではない。企業が雇用調整助成金などでしのぐとともに、求職側もコロナの収束が見えない不透明感の中で、様子を見ている状況では」(同)とみている。

求人企業のブースに並び、面談する求職者たち
求人企業のブースに並び、面談する求職者たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field