文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 9月11日(土)付け紙面より

《ひと》彫刻 自分らしさ模索し制作 白甕社美術展・白甕社賞受賞

佐藤美唯(さとう・みゆ)さん

 「私にしか作れない、私らしい作品を作りたい」。体つきや表情など、制作者の個性がよく表れる彫刻。完成させたものをいつも客観視し、自分らしさを模索しながら制作に励む。白甕社美術展(12日まで、鶴岡アートフォーラム)の白甕社賞の受賞について、「入賞できればいいなと思っていたのですごく驚いた。私よりもベテランの人がたくさんいる中で、大変恐縮」と謙虚に話す。

 小さい頃から絵を描くのが好きで、鶴岡中央高では総合学科美術・デザイン系列に所属。油絵に磨きをかけるため、東京の女子美術大の短期大学部造形学科美術コースに進学するが、授業の中で彫刻に魅了された。「これまでは平面の絵でいかに立体的に描くかを意識していたので、360度好きなように作れることにとても感動した」と振り返る。また、人間の筋肉の付き方や骨格の複雑な動きに関心があり、人体を中心に制作するようになった。

 今回の受賞作品は、短大時代の卒業作品。高さ約1メートル。モデルの女性にポーズを依頼し、4カ月かけて作った。「このような重心が複雑な立ち方は彫刻の中では珍しいと思う」とし、「右のあばら骨や左のお尻の張りが一番の特徴。左腕を後ろに回すことで肩の開きなども表現できた。見る角度によって作品の印象が全く違うので、いろいろな角度から見てほしい」と作品の見どころを語る。

 今春に短大を卒業し、地元へ帰郷。現在は週5回のアルバイトで、あまり制作に時間を割けていないという。それでも、「やっぱり作品を作ることは楽しい。だんだんバイトに慣れてきたので、少しずつ制作に力を入れていけたら」と話し、「いつか高校や短大の仲間と一緒にグループ展を開きたい」と意気込む。

 最近の趣味はアニメ観賞とお笑い芸人「とろサーモン」の動画を見ること。年代を問わずJポップをよく聴く。鶴岡市大山在住。21歳。

画像(JPEG)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field