文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 9月12日(日)付け紙面より

甘い香り ワイン仕込み始まる(鶴岡)「各家庭で地元産味わって」

 鶴岡市越中山のJA庄内たがわ「月山ワイン山ぶどう研究所」(成澤健所長)で11日、今季のワインの仕込みが始まり、スタッフが甘い香りに包まれながら、白ワイン用のブドウを破砕する作業に追われた。

 同研究所の佐藤友紀月山ワイン係長(35)によると、今年は例年並みの今月8日から同市朝日地域と酒田市のJAそでうら管内の契約農家から白ワイン用ブドウ「セイベル9110」の入荷が始まり、10日までに約4トンとなった。「天候に恵まれ、糖度の乗りも良い」(佐藤係長)という。

 この日は午前9時ごろからスタッフ5人が仕込み作業。コンテナに入ったセイベルを次々にベルトコンベアに載せ、除梗(じょこう)破砕機に投入。破砕されたブドウはホースで搾汁用タンクに運ばれ、周囲には甘い香りが広がった。

 佐藤係長は「新型コロナで消費が低迷している上、昨夏は洪水で貯蔵庫が水浸する被害にも遭った。ブドウの生産者を守るためにも、より良いワインを造り続けたい。各家庭でも、地元産のおいしいワインを味わってほしい」と語った。

 今後、赤ワイン用の「ヤマブドウ」「ヤマソービニオン」など、11月初旬ごろまで計約150トンを仕込む。発酵、熟成させ、早いものは来夏ごろから市場に出回るという。

 月山ワインは旧朝日村農協が1972年、自生するヤマブドウのワイン研究を始め、79年からワインを製造。昨年4月にはフランスで開かれたフェミナリーズ世界ワインコンクールで「ソレイユ・ルバン ヤマソービニオン2018」が金賞を受賞するなど、地域の伝統と風土を生かした製品が高い評価を受けている。

白ワイン用ブドウ「セイベル」を仕込むスタッフ=11日午前、月山ワイン山ぶどう研究所
白ワイン用ブドウ「セイベル」を仕込むスタッフ=11日午前、月山ワイン山ぶどう研究所



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field