文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 9月25日(土)付け紙面より

「ミズアオイ」が見頃 本年度初定植 100株開花(都沢湿地)

 鶴岡市馬町の市自然学習交流館ほとりあ(富樫均館長)は、同館横の都沢湿地で、県の絶滅危惧種に指定されている水生植物「ミズアオイ」の保全活動に取り組んでいる。これまでプランターで育ててきたが、本年度初めて湿地に定植したところ約100株が開花し、見頃を迎えている。

 ミズアオイは、増水時などに土壌がかく乱されることによって発芽する「かく乱依存種」。かつては水田や沼地などで多く見られていたが、農薬や堤防などの河川整備の影響で数が激減。絶滅の危険性を3段階で示す県のレッドリストでは、上から2番目に高いIB類に指定されている。

 同館は2012年の開設時から、都沢湿地で重機によるかく乱を行っており、ミズアオイはその活動で確認された。これまでプランターで少しずつ増やし、一定数になったことで、今年6月に初めて、湿地の一角(8メートル×10メートル)に約100株を定植。同館の上山剛司副館長は「自然環境に人の手を加えることに疑問を持つ声もあるが、それによってミズアオイのように復活する植物もいる。湿地の成り立ちなども感じながら、きれいなミズアオイをぜひ見てもらいたい」と話す。

 ミズアオイは、今週末ごろまで同館内から見ることができる。

都沢湿地を青く彩っているミズアオイ
都沢湿地を青く彩っているミズアオイ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field