文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 10月14日(木)付け紙面より

秋の味覚「庄内柿」出荷始まる JA庄内たがわ 降雹被害で収量減も品質良好

 収穫が始まった庄内柿の出発式が13日、鶴岡市羽黒町のJA庄内たがわ・庄内柿中部選果場で行われた。

 JA庄内たがわによると今年は4月に霜、5月に雹(ひょう)の被害を受け「収量は1~2割減が見込まれるが、品質は良好」という。収穫は今月2日から始まり「刀根(とね)早生」は中旬、「平核無(ひらたねなし)」は来月上旬にピークとなる。約10日間の脱渋期間を経て出発式を迎えた。

 この日は県や鶴岡市、JA全農山形、JA庄内たがわの職員ら関係者合わせて約20人が出席。JA庄内たがわの太田政士組合長が「降雹被害については県や自治体と足並みをそろえて支援策を講じている。収量は減少するが、大玉比率は例年並み。まずもって出発式を迎えられたことに感謝したい」とあいさつした。関係者でテープカットした後、「刀根早生」600ケース(1ケース7・5キロ)を積んだ大型トラックが北海道に向けて出発した。

 庄内柿の今年の出荷は例年より400トン少ない約2000トンを見込む。約7割が北海道に向けて出荷される。

庄内柿が大型トラックのコンテナに積まれて出荷
庄内柿が大型トラックのコンテナに積まれて出荷



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field