文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 10月15日(金)付け紙面より

(庄内で初の全面的オンライン商談会) 県内外の発注企業に自社技術アピール 隣接の秋田、新潟両県含む受注企業40社参加

 県庄内総合支庁の「県庄内商談会2021」が14日、初めて全面的なオンライン方式で開かれ、隣接する秋田、新潟両県を含め受注企業約40社がそれぞれ、県内外の発注企業とオンライン会議システムで自社の技術をアピールした。

 製造業を中心とした管内企業の取引拡大を狙いに2013年度から毎年開き、近年は秋田県由利、新潟県北部の両地域とも連携している。新型コロナの影響で、昨年度は三川町の会場とオンラインの併用で、今回初めて全面オンラインで実施した。受注企業は38社(県内26社、秋田県8社、新潟県4社)、発注企業は11社(県内7社、東京都2社、宮城県、神奈川県各1社)。午前9時半から午後5時まで8コマの時間帯(1コマ30分)を設け、受注側1社が希望の発注側数社ずつと商談した。

 受注企業のうち、半導体製造装置部品など金属精密加工の「田村技研工業」(鶴岡市友江、田村一弘社長)は、オンライン会議システム「ズーム」を使い、県内2社、神奈川県1社の発注企業3社と商談、早い対応や完成度の高さなど自社を売り込んだ。

 同社の田村昌樹専務取締役(36)は「商談会は一定の受注を頂けるので、地方の町工場には貴重な機会。コロナの影響で昨夏ごろから他の商談会も全面的にオンラインになった。当初はズームの操作に慣れず苦労した面もあるが、最近は特に違和感なく普通に対話できる」という。さらに「人が移動する時間や経費を削減できる。商談相手は初めて会う人が多く、オンラインの距離感がちょうど良い。全国、海外に販路を広げられるので、オンライン商談会は今後さらに回数を増やしてほしい」と話した。

 県庄内総合支庁産業経済課の鈴木昌課長補佐は「当日の会場準備がないなど、主催者側もメリットがある。ただ、企業側は『対面した方がやりやすい』という声が多く、田村さんのような声は少数派」とする。

 これについて田村専務は「世代の違いもあると思う。(発注側でもオンラインにメリットを感じている企業もあるはずなので)われわれはそこで勝負していきたい」と、コロナ禍で訪れたチャンスを見据えている。

初めて全面オンラインの庄内商談会が行われた。パソコンに向かい自社製品を売り込む田村技研工業の田村専務=14日午前、鶴岡市友江の同社
初めて全面オンラインの庄内商談会が行われた。パソコンに向かい自社製品を売り込む田村技研工業の田村専務=14日午前、鶴岡市友江の同社


2021年(令和3年) 10月15日(金)付け紙面より

“ワークチャンス”求めて 酒田・鶴岡で就職面談会

 山形労働局とハローワーク酒田、鶴岡の「ワークチャンス庄内2021就職面談会」が13、14の両日、酒田市国体記念体育館と鶴岡市の鶴岡第一ホテル鶴岡で行われた。

 山形労働局によると、7月の有効求人倍率はハローワーク酒田管内が1・56倍、ハローワーク鶴岡管内が1・76倍となっている。1倍を超えている状況にあるが、長引く新型コロナウイルスの影響で一部の業種では雇用の悪化がみられる。一方、人材不足で採用意欲があっても業種や職種でミスマッチし、求人の充足が思うように進んでいないという。さらに就職氷河期世代の非正規雇用から正社員への就職支援も課題となっている。

 このうち、鶴岡会場の就職面談会には製造、建設、運輸・運送、サービス、福祉など合わせて40社が参加。担当者が訪れた求職者と面談し、それぞれ仕事内容や福利厚生面などについて説明、求職者の質問に答えていた。

 自動車部品を製造する企業担当者は「団塊世代の子どもが50代となり、人口構成の変化にも対応していかなければならないと考えている。車業界が電気自動車(EV)へと移行する中で設備投資と同時に働き手、即戦力はぜひとも欲しい」と話していた。

求職者が各企業の人事担当者らと面談=14日午前、鶴岡会場
求職者が各企業の人事担当者らと面談=14日午前、鶴岡会場



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field