文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 10月23日(土)付け紙面より

武中と“再会”に笑顔 鶴二中 オンラインで交流深める

 鶴岡市立鶴岡第二中学校(土井浩貴校長)と、兄弟校である鹿児島市立武中学校(鮫島敦浩校長)のオンライン交流会が19日、両校で行われた。生徒たちが学校生活の様子などを互いに紹介し合い、親睦を深めた。

 鶴岡市と鹿児島市との交流は、薩摩藩の西郷隆盛(南洲)翁が、戊辰戦争(1868―69年)に敗れた庄内藩に対して寛大な措置を取ったことがきっかけ。1969年に両市が兄弟都市盟約を結び、75年には両中学校が兄弟校盟約を結んだ。以来、生徒たちは1年置きに相互訪問し、交流を深めている。今年は鶴二中の生徒が訪問する予定だったが、コロナ禍で中止になったためオンラインでの交流に。鶴二中から14人、武中から約20人の生徒会の生徒が参加した。

 武中は西郷隆盛に関するクイズの出題や、学校から一望できる桜島の紹介など。鶴二中は「In action」のスローガンの下、運動会や合唱祭など、年間行事での積極的な取り組みを紹介した。生徒たちは慣れない画面越しのやりとりに緊張しながらも、次第に笑顔を見せ打ち解けた様子だった。

 一昨年、武中の生徒をホームステイ先として迎え入れた、鶴二中3年の生徒会長、大川桃佳さん(15)は「2年前に来てくれた武中の友達とも顔を合わせられて懐かしかった。今回の訪問が中止になったので、いつか鹿児島に行ってみたいと思った」と笑顔で話した。

鹿児島市の武中とオンラインで交流する鶴二中の生徒
鹿児島市の武中とオンラインで交流する鶴二中の生徒



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field