文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 10月26日(火)付け紙面より

東栄小児童の詩や文集から 「東栄の四季」誕生 柿崎さん作曲学校祭で披露

 鶴岡市川尻の東栄小学校(粕谷温子校長、児童63人)で全校児童が合唱する新しい歌が誕生した。子どもたちの詩や文集の中から引用して歌詞を作り、鶴岡市合唱連盟理事長の柿崎泰裕(やすひろ)さん(同市日吉町)が作曲した。東栄地区の風景や生活が盛り込まれた楽曲で、子どもたちは「いろんな場で歌いたい」と喜んでいる。

 タイトルは「東栄の四季」。春、夏、秋、冬と4番まであり、それぞれの曲が独立したものとなっている。歌詞と曲は、緑のじゅうたんのように田んぼが広がる春、にぎやかな夏祭りの様子、涼しい風がそよぐ秋、風雪が厳しい冬を表現した。

 1996年に当時の教諭が、子どもたちが作った詩や文集から東栄地区の風土が伝わるフレーズをピックアップ。児童が群読してきた。一昨年に同校の遠田良弘前校長(現・鶴岡四中校長)が「曲を付けてほしい」と柿崎さんに依頼した。

 「東栄の四季」は昨年に完成したが、コロナ禍で発表を見合わせていた。23日に同校体育館で行われた学校祭で父兄を招待。1年生から6年生がステージ前に集まり、ピアノの伴奏に合わせて元気な歌声を披露した。

 上林希空(のあ)さん(5年)は「特に厳しさと、しなやかさが感じられる冬の場面が好き。卒業式や入学式などいろんな時に歌いたい」と話していた。

 作曲した柿崎さんは「春は躍動感が感じられるように、冬は寒さに耐えながら春を待つ喜びをイメージした。子どもたちの元気な歌声で曲に命を吹き込んでもらい、うれしく思う」とメッセージを寄せた。

 「東栄の四季」は今後、同校のさまざまな行事で合唱することにしている。

「東栄の四季」を初披露する子どもたち
「東栄の四季」を初披露する子どもたち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field