文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 10月26日(火)付け紙面より

松ケ岡開墾150年を記念 ジャズナンバー響く サックス・松本さん、ベース・若林さんライブ

 鶴岡市羽黒町の松ケ岡開墾場で23日、開墾150年を記念した「松ケ岡音楽祭」が開かれ、ともに2017年に同市に移住したジャズトッププレーヤーの松本健一さん(サックス)、若林美佐さん(ベース)の2人が、築約150年の5番蚕室内で「ミスティー」「枯れ葉」などのライブ演奏を繰り広げた。

 鶴岡「サムライゆかりのシルク」推進協議会(事務局・鶴岡市政策企画課)が主催した。1874(明治7)年から77年にかけて建てられた蚕室10棟のうち5棟が現存し、日本近代化の原風景を残す松ケ岡の魅力を発信する狙い。今月16日の邦楽ライブとの2回シリーズで、この日は地元のジャズファンら約50人が参加した。

 1930年代に作られたミュージカルナンバー「アローン・トゥギャザー」で幕開け。「黒いオルフェ」「ミスティー」などスタンダードを中心に約10曲を披露した。途中、松本さんが尺八で「テネシーワルツ」、若林さんが「松ケ岡の開墾当時には既に楽譜があった」としてアイルランド民謡「ダニーボーイ」などをそれぞれソロ演奏。築約150年の床から伝わるアコースティックベースの弦の振動、黒光りする天井に反響するテナーサックスの音が一体となり、参加者は心地よさそうに体を揺らし、聴いていた。

 松ケ岡開墾は1872(明治5年)に始まった。戊辰戦争で敗れ「賊軍」とされた旧庄内藩士約3000人が殖産興業による報国で汚名をそそごうと刀を鍬に代え、約2カ月で106ヘクタールを開墾。その後の鶴岡の絹産業の礎となった。開墾場は1989年に国史跡に指定され、2017年に一連のストーリー「サムライゆかりのシルク~日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡~」は文化庁の日本遺産に認定されている。

松ケ岡の5番蚕室でジャズライブを行う松本さん(左)と若林さん
松ケ岡の5番蚕室でジャズライブを行う松本さん(左)と若林さん



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field