文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 11月13日(土)付け紙面より

県産初のウイスキー誕生!! 酒田「金龍」 「世界に勝るとも劣らない」来年2月発売

 「爽(さわやか)」などで知られる焼酎メーカーの金龍(酒田市黒森、佐々木雅晴社長)は11日、遊佐町吉出に建設した「遊佐蒸(じょう)溜(りゅう)所」で記者会見を開き、同所で3年前に仕込み熟成させてきたシングルモルトウイスキー「THE YUZA DISTILLERY(ディスティラリー=蒸留所の意)」を、来年2月に発売すると発表した。佐々木社長は「本場スコットランドから大麦麦芽やポットスチル(蒸留釜)など最高クラスの原料、製造プラントを輸入し、大手メーカーができない手間暇をかけて造ってきた。世界に勝るとも劣らないウイスキーができたと思う」と自信を見せた。

 同社は2017年5月、鳥海山の湧き水を水道水として供給している遊佐町で、県内初のウイスキー製造・販売事業に乗り出すと公表した。翌18年10月には完成した遊佐蒸溜所でスピリット(原酒)の蒸留を開始。原酒をホワイトオーク製のバーボン樽に移し、じっくり熟成させてきた。

 初出荷となるのは、18年11月から19年1月に仕込んだ約150樽の中から40樽を厳選して混和・瓶詰めするウイスキー。「ファーストエディション2022」と銘打ち、1本700ミリリットルで希望小売価格は1万6500円。樽から取り出したまま一切の「割り水」をしない「カスクストレングス」のためアルコール度数は60~61度と高い。青リンゴやメロンを思わせる香り、クリームのように滑らかな舌触りが特長という。

 試飲した男性は「度数が高いわりにビリビリしないでスムーズ」と感想を述べた。出荷先は国外3割、国内7割を予定し、うち4分の1ほどを県内の酒販店などで取り扱う。

 日本のウイスキーは近年評価が高まり、世界的なコンテストでしばしば最高賞を取るようになった。佐々木社長は「今後の熟成具合を見ながら」とした上で、一つの樽だけのウイスキーを瓶詰めした「シングルカスクの製造も考えている」と明かし、世界規模の品評会にも「ぜひ出品したい」と意欲を示した。

来年 2 月に発売する県産初のウイスキーを手にする佐々木社長
来年 2 月に発売する県産初のウイスキーを手にする佐々木社長



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field