文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 11月23日(火)付け紙面より

カザフスタンの大学生と庄内の高校生 展示に合わせオンライン交流

 22日まで酒田市日吉町二丁目の山王くらぶで開催された、石油や天然ガス、ウランなど豊富な天然資源を有する中央アジア・カザフスタン共和国の文化や風土を紹介する企画展の一環で20日、同国の大学生と庄内地域在住の高校生によるオンライン交流会が行われ、互いに自然や文化などを紹介し合った。

 酒田共同火力発電(同市宮海)の千葉秀樹社長は以前、新エネルギー・産業技術総合開発機構による同国での高効率火力発電所建設事業に携わったことがある。この時に築いた人脈を生かして酒田と同国の経済・文化交流を進めようと、前田製管(同市上本町)の前田直之社長ら地元経済界有志と調査団を組織し、2019年秋に同国を訪問。政府高官と懇談するなど、もてなしを受けたという。

 交流に当たり、まずは同国について市民から理解を深めてもらおうと翌年1月、日本に留学中の同国出身女子学生2人を招き、踊りと歌のステージを市交流ひろばで開催。同4月に有志らで山形カザフスタン友好協会(吉高利子会長)を結成した。今年2月には旧マリーン5清水屋を会場に同国を紹介するパネル展を開いた。

 同協会は今回、山王くらぶとともに同国の魅力を市民に伝えようと「カザフスタン展」を企画。期間中のイベントの一つとして異文化への理解を深めてもらおうと、オンライン交流会を実施し、日本側からは酒田南、羽黒両高校の1、2年生11人、カザフスタン側からは国立大日本語学科で学ぶ学生が参加した。

 開始を前に、矢口明子副市長が「市民中心の交流こそ長続きする。これを機に友好が深まることを期待する」とあいさつ。日本の生徒たちは本県や酒田市の概要、鶴岡市の出羽三山や羽黒山伏について紹介。これに対してカザフスタンの学生たちは「首都はヌルスルタンだが、最大の都市は多くの人が知っているアルマトイ。カスピ海、アラル海といった大きな湖がある内陸国」などと述べた。

 カザフスタンの学生から「山形の方言について教えて」という要望があり、日本の生徒たちは「ありがとうは『もっけだの』」「触ることを『ちょす』と言います」と答えた。交流を見守った千葉社長は「面白い取り組み。再度やってほしい」と話した。

 オンライン交流に先立ち、同国出身で現在、東京外国語大に留学中のトッカリナ・アクマラルさん(36)一家が民族衣装に身を包み、華麗な舞を披露。加藤鮎子衆院議員はじめ多くの市民が鑑賞した。

カザフスタンの大学生と交流する庄内地域の生徒たち
カザフスタンの大学生と交流する庄内地域の生徒たち

加藤衆院議員(中央)を囲むアクマラルさん一家
加藤衆院議員(中央)を囲むアクマラルさん一家



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field