文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 11月25日(木)付け紙面より

12年に1度「神主舞」奉納(出羽三山神社新嘗祭)丑歳御縁年農作物順調な収穫に感謝

 出羽三山神社(宮野直生宮司)の新嘗(にいなめ)祭が23日、鶴岡市の羽黒山頂の合祭殿で行われた。

 新嘗祭は、農作物が順調に収穫できたことを感謝する祭り。五穀豊(ほう)穣(じょう)を祈願する「御田植神事」(5月8日)、稲の順調な生育を願う「花祭り」(7月15日)に続く同神社の3大例祭として知られている。

 この日は宮野宮司が祝詞を読み上げた後、12年に1度の丑(うし)歳御縁年の年にしか舞われない「神主舞」が奉納された。合祭殿には各企業の代表者や個人が参列。玉串をささげ両手を合わせていた。

 宮野宮司は「コロナ禍を一つの教訓として捉え、前向きに考えることが大切。今後も神職一同、先人が築いたお山を守っていきたい」と語った。

12年に1度の「神主舞」を奉納
12年に1度の「神主舞」を奉納



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field