文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 12月3日(金)付け紙面より

庄内地域の未来は 4高等教育・研究機関が考察 知の拠点庄内 シンポジウム 12日完全オンライン形式で開催

 庄内地域にある4つの高等教育・研究機関が連携して地域づくりを考える「知の拠点庄内」シンポジウムが12日(日)午後2時から、完全オンライン形式で開かれる。「ライフ×サイエンス2030庄内ビジョン―科学の力、知の力で変えていく、これからの社会、教育、環境」をテーマに、各機関の研究者らが庄内地域の未来について発表する。参加は無料。

 庄内地域には、基幹産業の農業を知的産業にまで高めている山形大農学部、日本で唯一の公益学を掲げた東北公益文科大、生命科学分野で世界トップクラスの研究活動を行っている慶應義塾大先端生命科学研究所、地域産業の技術的基礎づくりを担い発展を支えている鶴岡高専の4つの高等教育・研究機関がある。地方にこれだけの機関が集積しているのは、全国的にも珍しいという。

 4機関は2010年、学術面などでの連携をさらに強化し、地域への貢献・活性化を図ろうと、「知の拠点庄内ワークショップ委員会」を発足。研究者などによるワークショップを通じて「知の拠点」の展開方策を探っている。

 シンポジウムでは、鶴岡高専の松橋将太さんが「地域スポーツで変えるQOL―誰もが健康増進を選択できる庄内へ」、山形大農学部の渡辺理絵さんが「関係性の環(わ)で変わる中山間地―ふるさと資源を活(い)かしたシームレスな庄内へ」、東北公益文科大の呉尚浩さんが「パートナーシップで変える海洋ごみ問題―海ごみゼロの庄内へ」、慶應先端研の特別研究生で酒田東高3年の菅原さくらさんとガリポン・ジョセフィーヌさんが「海洋微生物で変える世界の未来―プラスチック汚染ゼロの庄内へ」と題してそれぞれ発表する。発表に先立ち、鶴岡市が野村総合研究所と連携して進めている地域デジタル化戦略の取り組みの現状報告やデモンストレーションなどもある。

 今回のシンポジウムは、30年がSDGs(国連の持続可能な開発目標)の達成目標の年になっていることを見据え、地域の未来を一緒に考える機会としてテーマ設定した。庄内地域の全ての中学・高校に開催案内チラシを配布するなど、若い世代に参加を呼び掛けるほか、オンライン開催のメリットを生かして庄内在住者に限らない参加者の確保も目指している。

 一方、同委員会はサイエンスの可能性をより身近に感じてもらおうと、4機関の研究者の対談をウェブ上で配信する「知の拠点庄内チャンネル」を1日にスタートした。

 シンポジウム開催などに関する詳しい問い合わせは、慶應先端研=電0235(29)0805=か、鶴岡市政策企画課=同(25)2111、内線565=へ。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field