文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 7月9日(金)付け紙面より

衛星リモートセンシングとGISで「つや姫」生育診断 施肥や適期刈り取りに生かす

 人工衛星から撮影した画像で水稲の生育状況を分析し、施肥や適期刈り取りなどに生かす「衛星リモートセンシングとWebGISを活用した『つや姫』の生育診断技術」の実演会が7日、鶴岡市播磨のほ場で行われた。庄内一円の「つや姫」生産者らが、衛星から撮影し穂肥(ほごえ)の必要性を分析したほ場の画像と実際の生育状況を見比べ、新システムへの理解を深めた。

 このシステムは、県農業総合研究センターが2019年度に開発した。農作物が反射する太陽光を人工衛星で捉え、赤外線の吸収量などから生育状況を分析する「衛星リモートセンシング」と、インターネットの地図情報システム(GIS)を組み合わせたもの。衛生データ解析などを手掛ける「ビジョンテック」(茨城県つくば市)のサイト「アグリテック」にスマホやパソコンからアクセスすると、庄内全域の水田について、1筆単位で生育状況(窒素吸収量)や穂肥の必要性などの情報を入手できる。

 農業者の減少や高齢化、農地の大規模化・分散化の傾向が強まる中、これまで生産者の勘に頼っていた判断を、より的確、迅速、簡便にできると期待されている。

 県庄内総合支庁は実用化に向け、今年5月に庄内地方のJAと5市町で「スマートつや姫広域実証研究会」(会長・上野宏樹県庄内総合支庁農業技術普及課長)を設立。「つや姫」の穂肥診断を中心に、向こう3カ年、庄内地方の5カ所に実証ほを設けて課題を検証するとともに、JAや生産者に技術の周知を図っている。

 今回の実演会は同研究会が中心となって開き、生産者や研究会の関係者ら約50人が参加した。鶴岡市播磨のJA鶴岡北部カントリーエレベーター駐車場で、庄内総合支庁農業技術普及課職員がシステムの概要を説明。周辺の水田を穂肥診断した結果として、「緑=追肥可」、「黄=地上調査で再診断」、「赤=減肥が必要」の3種に色分けした画像を示し、「最終的な判断は現場を見て行う。これまでは現場で茎数や葉色、草丈を数値化し、勘に頼って穂肥の時期などを決めていたが、より多くの田んぼを、正確に、簡便に調べられる」と導入メリットを強調した。

 その後、近くのほ場に移動し、「黄」のほ場は「緑」のほ場より条間が狭く、葉が繁茂している様子などを確認した。

 水田約15ヘクタール(うちつや姫約3ヘクタール)を耕作している庄内町生三の高橋隆さん(65)は「リモートセンシングには以前から興味があり、やっと生産者の手が届くところまで来たと感じた。面積を拡大するには必要な技術だが、現場でうまく活用できるかはまだ不透明で、今しばらく様子を見たい」と言い、農業技術普及課の佐藤和則普及推進主幹は「今後はつや姫以外の雪若丸やはえぬきの穂肥診断、刈り取り適期診断への応用も研究しながら、技術への理解を広め、実用化につなげたい」と話した。

システムで穂肥診断したほ場で、実際の生育状況を確認する参加者たち=7日、 鶴岡市播磨
システムで穂肥診断したほ場で、実際の生育状況を確認する参加者たち=7日、 鶴岡市播磨

衛星から撮影し、穂肥の必要性を緑、黄、赤の 3 種で色分けしたほ場の画像=実演会の配布資料より
衛星から撮影し、穂肥の必要性を緑、黄、赤の 3 種で色分けしたほ場の画像=実演会の配布資料より


2021年(令和3年) 7月9日(金)付け紙面より

公益大「ゲートボーラーズ」発足 県内初の学生サークル 県GB協会 若い世代へ魅力伝える

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)にこのほど、本県としては初となる学生によるゲートボールサークル「ゲートボーラーズ」が発足した。2005年前後をピークに競技人口が減少の一途をたどり、危機感を抱いた県ゲートボール協会(岡崎勝美会長)が「再生プロジェクト普及活動」として公益大に設立を依頼したもの。協会員の指導で、サークルメンバーたちはめきめきと力を付けている。

 ゲートボールは、古くから欧州で親しまれてきたスポーツ「クロッケー」を基に1947年、北海道で誕生した。現在は日本はもとより、世界50カ国余で約1000万人が楽しんでいるという。県協会によると、本県では最盛期の05年前後、約1万人もの会員登録があったという。現在はピーク時の20分の1程度の550人まで減少した。県協会の荘司賢悟事務局長は「年配者のスポーツというイメージが強いが、子どもからお年寄りまで誰もが楽しめるスポーツ」と話し、若い世代にゲートボールの魅力を伝えようと、同プロジェクトの一環で公益大に白羽の矢を立てた。

 今春に依頼を受けた公益大は、サークル立ち上げに向けてメンバーを募集。1―3年生12人が集まり、今年5月にサークルを設立し同24、25の両日には県協会員を招き座学による研修会を開催、ゲートボールについて理解を深めた。県協会を通じて全国協会からスティック、ボールなどの道具一式の寄贈を受け先月15日、庄内町のほたるドームで初練習を行った。

 練習は授業の合間を見ながらほたるドーム、公益大屋内練習場脇の芝地などで実施。毎回、岡崎会長、荘司事務局長はじめ協会員4、5人が訪れ、手取り足取り熱心に指導。サークル代表の大場里瀬奈さん(19)=1年=は「興味を持ったものは全て体験しようと思い、参加した。やってみると楽しい」と。サポートしている協会員たちも「孫の成長を見ているようでうれしい」と話す。

 ゲートボーラーズは現在、メンバーを募集中。今月24日(土)にほたるドームで開かれる庄内大会へのエントリーを検討しているという。荘司事務局長は「老若男女が一緒に楽しめるゲートボールの魅力を伝えたい」と話し、さらに県内一円の小学校―大学への普及を図っていく方針。

県協会員の指導を受け、力を付けている「ゲートボーラーズ」メンバー=先月25日、公益大
県協会員の指導を受け、力を付けている「ゲートボーラーズ」メンバー=先月25日、公益大



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field