文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 1月14日(金)付け紙面より

「荘内藩ブランド」展開本格化 旧庄内藩主酒井家入部 400年の節目に企業連携 第1弾「だだちゃ豆饅頭」「麦きり」

 旧庄内藩主酒井家入部400年の節目を迎えた今年、「荘内藩ブランド」の展開が本格化した。庄内地域を中心にした企業連携による取り組みで、その第1弾となる「だだちゃ豆饅頭(まんじゅう)」と「麦きり」の2つの商品の販売が今月8日から、鶴岡市の致道博物館売店で始まった。酒井家19代で販売会社・株式会社荘内藩社長の酒井忠順さんは「庄内の歴史と物語のヒストリーとストーリーを加えたブランド展開をしていきたい」と話している。

 地域の歴史・文化的資源の活用を進める一般社団法人荘内酒井歴史文化振興会の会員企業を核に、庄内地域にちなんだ商品やサービスの企画・開発と販売に取り組み、「荘内藩」のブランドを県内外に発信していく。酒井家の家紋と「荘内藩」の商標登録は、酒井さんが10年ほど前に取得している。

 だだちゃ豆饅頭は、達商(鶴岡市)が製造した。鶴岡特産のだだちゃ豆を使い、独特の深みのある甘さと濃厚な味わいの薄皮まんじゅうとした。麦きりは、松田製麺所(同市)の製品で、鶴岡の伝統産業のシルクにちなんで絹タンパク質を練り込み、つややかで滑らかな口当たりに仕上げた半生麺。

 パッケージにはいずれも酒井家の家紋と「荘内藩」のロゴが入り、だだちゃ豆饅頭には庄内藩の歴史、麦きりには明治維新後の松ケ岡開墾を起点にした絹産業を基にした日本遺産「サムライゆかりのシルク」のストーリーを伝える説明文を付けた。

 荘内藩ブランド展開について、同振興会代表理事も務める酒井さんは「振興会の会員を増やしながら100年後の入部500年の時代にも残る商品の企画・開発を進めていきたい」と話している。だだちゃ豆饅頭1箱(6個入り)756円、麦きり1袋(300グラム入り)540円。問い合わせは株式会社荘内藩=電0235(33)8901=へ。

荘内藩ブランド本格展開の第1弾の「だだちゃ豆饅頭」
荘内藩ブランド本格展開の第1弾の「だだちゃ豆饅頭」

荘内藩ブランド本格展開の第1弾の「麦きり」
荘内藩ブランド本格展開の第1弾の「麦きり」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field