文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 1月15日(土)付け紙面より

住まいのまちなみ賞受賞 鶴岡市羽黒町・手向地区自治振興会

 鶴岡市羽黒町の手向地区自治振興会(勝木正人会長)が、第17回住まいのまちなみコンクールで「住まいのまちなみ賞」を受賞した。これまで全国85団体が受賞しているが、県内では初めて。勝木会長は「手向地区住民の励みになる。今後も出羽三山の門前町として地域の特性を生かした町づくりを進めていきたい」と話している。

 同コンクールは、一般社団法人住宅生産振興財団が2005年度から魅力的な街並みを管理・運営する全国の住民組織などを対象に行っている。東京大学の大月敏雄教授を審査員長に6人の審査員が全国から応募のあった地域を審査。国土交通大臣賞(1点)と住まいのまちなみ賞(4点)の5点を選び表彰している。受賞団体には、街並みの維持や住民活動の支援金として年間50万円が3年間(計150万円)にわたって贈られる。

 手向地区自治振興会は10集落、361世帯で組織。修験者が集まる全国有数の宿坊が立ち並び、出羽三山へ通じる歴史的な景観と保全に取り組んでいることが高く評価された。住民がボランティアで木製の塀を塗り替えたり、地域のイベントに合わせて民家の玄関先に提灯を飾る「提灯ロード」に取り組んでいる。昨年11月下旬には大月審査委員長たちが手向地区を訪れ、住民に地域づくりに関して質問するなどした。

 勝木会長は「(今回の受賞は)手向地区の住民活動が認められた形で、とてもうれしく思う。少子高齢化による人口減少など、直面している問題もあるが、この賞を契機に今後も魅力ある地域づくりと住民同士のつながりを大切にしていきたい」と語った。

 手向地区自治振興会以外の受賞団体と評価内容は次の通り。

 ▽国土交通大臣賞=葉山自治会(福島県いわき市)起伏を生かした住宅地設計で、歩くことが楽しい街を形成。住宅地を取り囲む斜面緑地は自治会が所有し散策道や「筍ほり」を楽しむ場所にしている。

 ▽住まいのまちなみ優秀賞=ボンジョーノ三街区管理組合法人(福岡県北九州市)ゆったりとしたまち並みを丁寧に形成。クルドサック道路を活用した安全な町づくりが行われている。

 ▽住まいのまちなみ賞=コモンパーク上毛彩葉管理組合(福岡県上毛町)県立高校の跡地を開発し電柱のないすっきりとした街並みを実現している。

 ▽同=恵み野商店会(北海道恵庭市)花のまちづくりが盛んで「ガーデニングのまち」として知名度が高い。住民が主体となって美しい町づくりに力を入れている。

塀の塗り替えボランティアを行う手向地区民
塀の塗り替えボランティアを行う手向地区民

地域のイベントに合わせて行っている「提灯ロード」
地域のイベントに合わせて行っている「提灯ロード」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field