文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 1月16日(日)付け紙面より

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナルメニュー

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ、庄内の海産物をふんだんに使ったオリジナルメニューを提供する。

 海と山が共存し、豊富な食材に恵まれた温海地域をPR、冬の誘客を図ろうとあつみ観光協会が2009年から毎年実施している。鶴岡市内を中心に、酒田市や内陸からも多くの客が訪れるなど、人気の企画となっている。

 今回はあつみ温泉地区の湯温海をはじめ、温海、鼠ケ関各地区の旅館やすし店、カフェなどが実施。店舗ごとに料金が異なり、3300―5500円で設定。旅館は日帰りの温泉入浴券が付く。

 このうち、湯温海の末広寿し(斎藤彰店主)では、鼠ケ関港や新潟県村上市の寝屋港で水揚げされたタイや甘エビ、ソイなどのにぎりや、未冷凍の新鮮なベニズワイガニの酢物、ヤリイカとカンパチの刺し身など地物の海産物が勢ぞろい。汁物はその日の仕入れ状況でエビのみそ汁や寒ダラ汁などを提供する。その他にも温海かぶの漬物や、舞茸、カボチャなどの5種類の野菜の天ぷら、妻の友子さん(66)特製の鶏肉のクリームシチューなど、海と山の幸を存分に味わえる。価格は3300円(税込み)。

 斎藤店主(71)は「お客さまに喜んでもらいたいという一心。コロナ禍で日頃からストレスがたまる中、おいしい地元産の海鮮料理を食べてゆっくりしてもらえれば」と話している。

 温海旬御膳は、利用の3日前までに店舗に電話での予約が必要。先着計500人に温海地域産のパックライスが贈られる。問い合わせはあつみ観光協会=電0235(43)3547=へ。

 参加施設・店舗は次の通り。

 ▽あつみ温泉地区=あつみホテル温海荘、東屋旅館、かしわや旅館、瀧の屋、足湯カフェチット・モッシェ、末広寿し▽温海地区=寿司割烹雅▽鼠ケ関地区=鮨処朝日屋


温海地域の旅館や飲食店で提供が始まった「温海旬御膳」=鶴岡市湯温海の末広寿し
温海地域の旅館や飲食店で提供が始まった「温海旬御膳」=鶴岡市湯温海の末広寿し



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field