文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 1月21日(金)付け紙面より

火山レッド イヌワシブラウン まるいけグリーン… 鳥海山・飛島ジオパーク盛り上げたい!! “戦隊もの”顔出しパネル 公益大生製作担う

 県金峰少年自然の家(鶴岡市)の分館・海浜自然の家(遊佐町)で現在、冬季休館明けの5月の完成に向けてオリジナルの「顔出しパネル」作りが行われている。作業にあたっているのは東北公益文科大(酒田市)の女子学生3人。モチーフは昨年2月に再認定を受けた鳥海山・飛島ジオパーク、子どもたちに人気の戦隊ヒーローで、学生たちは「より多くの利用者から楽しんでもらいたい」と製作にも力が入っている。

 金峰少年自然の家は昨年6月、鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会(会長・市川雄次にかほ市長)とパートナーシップ連携協定を締結。同8月に実施した自然の家の恒例イベント「わんぱく自然塾―夏の巻」の際には、協議会の全面協力を受けて参加者がジオパークについて学ぶ講座も取り入れられた。

 海浜自然の家は昨年10月以降、冬季休館中。今年5月16日(月)の再開に向け今回、より多くの利用者からジオパークについて興味を持ってもらおうと、高橋瑞穂研修主査が顔出しパネルの製作を企画。「製作には若い感性が必要」と考えた高橋主査は公益大地域共創センターに依頼し、一緒に活動してくれる学生ボランティアを募った。

 この呼び掛けに3年の工藤紗希さん(20)と松本茉亜子さん(21)、2年の三ケ田珠美子さん(20)の3人が応じ高橋主査と共に昨年11月、「顔出しパネル製作プロジェクト」がスタート。鳥海山・飛島ジオパークと戦隊ヒーローをモチーフとして4人で考え出したのは、▽火山レッド▽イヌワシブラウン▽かまいそブラック▽サーモンピンク▽まるいけグリーン―の5体。「いずれも非公認キャラクター。協議会は黙認している」(高橋主査)と笑う。

 学生たちは週に1回、海浜自然の家に集まって自然の家スタッフと共に縦1・8メートル、横0・9メートルの木の板に下絵を書き、色を塗っている。リーダーの工藤さんを中心に学生たちは看板に添えるロゴマークも考案した。


名所にちなみ16体 製作参加者募る

 同町吹浦の名所「十六羅漢岩」にちなみ、顔出しパネルは▽飛島ブルー▽オレンジサンセット▽砂丘イエロー―など最終的に16体そろえる予定という。高橋主査は「地域の人と共につくり上げる自然の家を目指したい。再開以降、ジオパークについて学ぶ体験活動を広く展開していけたら」と話した。

 金峰少年自然の家では一緒に製作してくれるボランティアを広く募集している。対象は小学生から一般までで。

 海浜自然の家を会場に作業日は主に土曜日の午後を予定している。問い合わせなどは県金峰少年自然の家=電0235(24)2400、または海浜自然の家=電0234(77)2166=へ。

「顔出しパネル」を製作中の公益大生と自然の家スタッフ=14日、海浜自然の家
「顔出しパネル」を製作中の公益大生と自然の家スタッフ=14日、海浜自然の家



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field