文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 1月25日(火)付け紙面より

除雪ボランティアと 事故防止の実証実験 酒田・日向地域 一人暮らし高齢者宅 腕時計型ウエアラブル端末装着

 酒田市の「日向地域支え合い活動実行委員会」(委員長・石川和雄日向地区社会福祉協議会長)が主催した「ささえあい除雪ボランティア」が22日、同市日向地区で行われ、学生、一般のボランティア計30人が一人暮らしの高齢者宅などで除雪を行った。転落、生き埋めなど雪害事故防止に向けた実証実験として参加者は腕時計型のウエアラブル端末を装着。作業中は心拍数などの情報が事務局に送られた。

脈拍数や位置情報送り安全確認

 日向地区は2011年度、市独自の「地域生活安心研究事業」モデル地区に選定された。地域住民に生活する上での困り事、支援してほしいことをヒアリング調査した結果、「除雪」が挙げられ、課題解決に向け翌年から住民が地域課題を主体的に解決していく「地域支え合い活動」の一環で年1、2回実施している。

 この日は、日向地区を拠点にフィールドワークを展開している東北公益文科大学(同市)の学生サークル「Praxis(プラクシス」(千田惟代表)のメンバーをはじめ市職員、市議会議員ら30人が参加。9班に分かれ升田、大台野、上草津、下草津の4地区で主として一人暮らしの高齢者宅の除雪作業に汗を流した。

 参加者は、軒下にうずたかく積もった雪をスコップやスノーダンプで集め、流雪溝に入れるなど手際よく雪を取り除いていた。同サークルメンバーの一人、井上博翔さん(19)=1年、新庄市出身=は「年少の頃から雪かきの手伝いをさせられた。新庄の雪に比べ、まだ大丈夫」と話し、「昨年来、サークル活動でお世話になっていることもあり参加した。これからも日向地区に貢献したい」と続けた。

 一方、市と公益大、NTT東日本などが2020年11月に締結したデジタル変革(DX)推進に関する連携協定に基づき行われた実証実験は、端末で検知した脈拍数の変化、位置情報などがインターネットを介して管理者のパソコンに送られ、それをもとに状況によっては管理者が休憩指示などメッセージを送信するもの。また、作業中に有事があった場合、「HELP」ボタンを押すことで、管理者に知らせることもできる。この日は同サークルメンバーらが装着、日向コミュニティセンター内に設けた事務局のパソコンで管理者が確認していた。

 ボランティア活動と実証実験は来月12日(土)にも行われる。

除雪ボランティアを行う参加者たち=22日午前
除雪ボランティアを行う参加者たち=22日午前

参加者が装着したウエアラブル端末
参加者が装着したウエアラブル端末



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field