文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月14日(土)付け紙面より

庄内交通「チェリカ」14日利用開始 バス乗車やさまざまなサービスに対応

 庄内交通(本社・鶴岡市)は14日から、地域連携ICカード「shoko cherica(ショウコウ・チェリカ)」の利用を開始する。対象となる路線バスの乗車券や定期券、JR東日本のSuica(スイカ)に対応する交通機関、自動販売機、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、スーパーマーケットなどでキャッシュレス決済でき、さまざまなサービスが1枚のカードで利用可能となる。利用開始に合わせ鶴岡市は、通学定期や高齢者用定期「ゴールドパス」などで新たに同カードを利用する市民に500円分のチャージ料を補助する。

 チェリカが使えるのは庄内交通と山交バスが運行する路線バス(予約が必要な長距離バスを除く)など。カードは手続き不要で即時発行できる無記名式と、紛失時に再発行可能な記名式がある。販売額は1000円単位で5000円までと1万円。このうち500円分がデポジット(保証金)として預り金となり、カード返却時に返金される。新規で定期券を購入する際もデポジットが必要となる。カード購入後のチャージ(入金)は残額上限2万円まで可能。

 ショウコウ・チェリカと定期券の販売、チャージの取り扱いは、鶴岡市のエスモールバスターミナルと温海営業所、酒田市の酒田庄交バスターミナル。チャージは、路線バス車内やコンビニでもできる。

 庄内交通は同カードの利用に対し、運賃の3%を交通ポイント(1ポイントが1円)として自動付与する。さらに運賃累計利用額5000円ごとにボーナスとして350ポイントを自動付与する。たまったポイントはバス運賃として利用できる。また14日から9月30日までは、期間限定のキャンペーンとして、利用運賃の10%を付与する(累計利用運賃ごとのボーナスポイント付与はない)。

 ショウコウ・チェリカの問い合わせは、平日の日中に庄内交通鶴岡営業所=電0235(22)2608=へ。通学定期や高齢者用定期「ゴールドパス」など新規カード利用へのチャージ料補助の問い合わせは、鶴岡市地域振興課=同(35)1191=へ。

14日から利用開始となる庄内交通の地域連携ICカード「shoko cherica」
14日から利用開始となる庄内交通の地域連携ICカード「shoko cherica」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field