文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月19日(木)付け紙面より

酒田「金龍」 今年2月発売ウイスキー「ファーストエディション2022」

酒類の国際品評会・ISC
テイスティングアワード
「GOLD」獲得

 焼酎「爽」でおなじみの金龍(酒田市黒森、佐々木雅晴社長)が遊佐町内で蒸留し、今年2月に発売したシングルモルトウイスキー「THE YUZA DISTILLERY」が、英国の酒類専門誌が主催する酒類の国際品評会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2022」テイスティングアワードで「GOLD」を獲得した。

「世界があこがれる酒」への挑戦

 ISCは英国の酒類専門誌「ドリンクス・インターナショナル」の主催。今年で27回を迎え、世界的に権威あるスピリッツ品評会の一つに数えられる。「GOLD」は、最高賞「TROPHY」、続く「DOUBLE GOLD」に次ぐもので、「テイスティングアワード」は約80人の審査員が23日間にわたって香りや外観、味、仕上げなどを確認した。

 金龍は1950年、地元の酒蔵に醸造用アルコールを供給する会社として設立。新たな収益事業としてウイスキー製造に着目し、鳥海山の湧き水を水道水として供給する遊佐町吉出に蒸留棟1棟と熟成棟2棟を建設。2018年9月27日付で酒田税務署からウイスキー製造免許を受け、翌10月から蒸留を開始した。

 受賞したのは、19年1月にかけ仕込んだ約150樽から40樽を厳選し瓶詰めした「ファーストエディション2022」。同社は「遊佐にしかない『世界があこがれる酒』を目指してひたむきに挑戦してきた。ウイスキーの本場・英国のコンテストで評価され、大変喜ばしく誇りに思うとともに、今後の励みになる」とコメントした。

ISCで「GOLD」を受賞した「ファーストエディション2022」
ISCで「GOLD」を受賞した「ファーストエディション2022」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field