文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月21日(土)付け紙面より

鼠ケ関小 灯台見学楽しむ 地域のシンボルに上る

 鶴岡市の鼠ケ関灯台で19日、見学学習が行われ、近くの鼠ケ関小学校(齋藤優子(まさこ)校長)の子どもたちが灯台の役割を学んだ。

 海の安全を守る灯台について理解を深めてもらおうと、鼠ケ関灯台を管轄する酒田海上保安部が毎年実施している。同灯台は1925(大正14)年に建てられ、79(昭和54)年に現在の姿に改築された。コンクリート製で高さは地上14メートル、海面から灯頂部までは21メートル。最大22キロ先の海上から明かりを確認できる。

 見学学習には同校の2年生8人と6年生8人が参加。普段は入れない灯台の中を見たり、三層となっているはしごで一番上の灯器があるところまで上り、眼下に広がる日本海の大海原を眺めた。灯台の上で6年の鈴木悠斗君(11)は「風が気持ちいい。下にいる人が米粒みたいに見える。地元のシンボルの灯台のことを詳しく学べて良かった」と話した。

灯台の一番上まで上り、大海原を眺める6年生
灯台の一番上まで上り、大海原を眺める6年生



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field