文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月24日(火)付け紙面より

「六十里越街道」の安全祈願 古道トレッキングシーズン開幕

 出羽の古道「六十里越街道」歩きのシーズン開幕となる安全祈願祭が21日、鶴岡市田麦俣の多層民家前で行われた。参列者がシーズン中の安全を祈願し、ミニトレッキングに出発した。

 祈願祭はコロナ禍もあって3年ぶりの開催。地元の観光関係者、庄内や最上地方からのトレッキング参加者合わせて約40人が出席し、主催者のあさひむら観光協会の松本壽太(とした)会長が「みんなで気持ちよく、3年分を取り戻すように楽しんできてほしい」とあいさつ。松本会長や同市朝日庁舎の鶴見美由紀支所長らが玉串をささげ安全を祈願した。

 祈願祭後、参列者は千手観音のように大きく枝を広げる街道のシンボル「千手ブナ」が見える辺りまで、往復約6キロをミニトレッキングした。6月上旬までは残雪の影響でそれより先に進めないという。鶴岡市出身で金山町から参加した天口羅夢さん(24)は「小さい頃に何度か六十里越街道を歩いたことがある。今日は自然を満喫したい」と話した。

 あさひむら観光協会は11月下旬ごろまで六十里越街道で各種イベントを織り交ぜたトレッキングツアーを企画している。

六十里越街道のトレッキングシーズンが始まり、関係者が安全を祈願した
六十里越街道のトレッキングシーズンが始まり、関係者が安全を祈願した



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field