文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 8月7日(日)付け紙面より

ガンバレ鶴岡東 2022夏の甲子園 “夢舞台”開幕!!

佐藤主将ナインの思い胸に行進
初戦は7日第3試合VS盈進(広島)

 鶴岡東が出場する第104回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、深紅の大優勝旗をかけた全国49代表校の戦いが始まった。3年ぶり7回目の夏の甲子園出場となった鶴岡東は、大会2日目・7日(日)第3試合の1回戦で、盈進(えいしん)(広島)と対戦する。

 6日は午前9時すぎから開会式が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、参加選手を各校の主将のみとし、当初予定のベンチ入り選手全員参加から変更し規模を縮小。

 入場行進は昨夏の覇者・智辯和歌山を先頭に、南から順に登場。鶴岡東の佐藤叶人主将は山形大会の優勝旗を手に、胸を張って堂々と行進。夢舞台の甲子園のグラウンドに歩を記した。

 大会会長あいさつ、末松信介文部科学大臣の祝辞に続き、横浜(神奈川)の玉城陽希主将が「一球一球に全力を注ぎ、一投一打に思いをのせ、全身全霊でプレーし、最高の夏にすることを誓う」と選手宣誓した。始球式は88回大会優勝の斎藤佑樹さん(早稲田実業出、元プロ野球選手)が務めた。

 鶴岡東の佐藤主将は「開会式は仲間の分まで堂々としようと思った。(初戦に向け)緊張はしていない。このチームなら勝てる、という自信がある」と語った。

第104回全国高校野球選手権大会の開会式で入場行進する鶴岡東の佐藤主将=6日、阪神甲子園球場(時事)
第104回全国高校野球選手権大会の開会式で入場行進する鶴岡東の佐藤主将=6日、阪神甲子園球場(時事)


2022年(令和4年) 8月7日(日)付け紙面より

外国人向けツアー考案 公益大生 江さんとの学び生かして 「最上川船下り街道ツアー」商品化

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)で5日まで3日間、台湾観光局諮詢委員、台湾観光協会顧問を務める江明清さん(公益大特別招聘(しょうへい)講師)による特別講義「国際観光概論」が行われ、2―4年生60人余が受講。最終日にはこれまでの学びを生かし4―6人ずつ10グループ単位で、東北地方を巡る主として外国人をターゲットにした旅行商品を考案し、それぞれ発表した。最優秀賞を受けたツアーは、公益大と包括連携協定を締結する庄交コーポレーション(鶴岡市錦町、國井英夫社長)の庄交トラベル事業部が商品化に向けてブラッシュアップする。

 江さんは台湾観光協会東京事務所長など歴任、現在は複数の大手旅行会社で顧問も務めている。特別講義は今月3日に始まり、学生たちを前に▽国際観光政策と日台観光交流▽自治体における国際観光の取り組み▽国際観光とスポーツの取り組み―などについて説明した。

 最終日の5日は、10グループがそれぞれ考案した本県の他、秋田、宮城、福島の各県を巡る旅行商品を8分の持ち時間でプレゼンテーション。江さん、温井亨公益大教授(風景計画、まちづくりなど)、同社関係者ら7人が審査して最優秀、優秀の両賞を決めた。

 最優秀に選ばれたのは、「最上川船下り街道ツアー」と銘打って3泊4日の日程で米沢市から酒田市まで最上川沿いをバスで巡り、その土地その土地で歴史や文化、食に触れるツアーを考案したグループ。審査員からは「北前船につながる本県の舟運文化を体感できる。満足度が高いツアー」「ブラッシュアップすれば、すぐに商品化できる」と高い評価を得た。優秀賞は福島県会津地方を2泊3日で回り、戦国時代―幕末の歴史に理解を深めるツアーを考案したグループ。

 江さんは「旅行商品はお客さんから『良い旅だった』と感動してもらうことが第一。3日間という短い期間にこれほどまでのツアーを考案した学生たちをたたえたい」と。最優秀賞を受けたツアーは庄交トラベル事業部がブラッシュアップした上で、今回の審査員を務めた剱持伸庄内ゴルフ倶楽部支配人と酒田舞娘(まいこ)3人が今年10月下旬、台湾の学校を回って修学旅行としての活用を広くプロモーションするという。

江さん(左から3人目)を囲む最優秀賞を獲得した学生グループ=5日午後
江さん(左から3人目)を囲む最優秀賞を獲得した学生グループ=5日午後



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field