文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2005年(平成17年) 8月21日(日)付け紙面より

旧酒田短大の土地・建物 所有権移転手続き完了 有料老人ホームへ整備進む

 今年5月の競売で酒田市内の男性が落札した旧酒田短期大学(同市豊里)の土地・建物の所有権移転手続きが終わったことが20日までに分かった。同短大跡地は有料老人ホームへの転用に向け工事が進んでおり、男性と市内の民間会社「シルバーホームコスモス」(齋藤繁光社長)が共同経営することで合意している。荘内日報の取材に対し、男性は「(有料老人ホームは)来年5月ごろのオープンに向けて施設周辺の整備を進めている」と語った。

 同短大は2003年3月、中国人留学生の卒業後に経営が破たんし、閉校状態になった。翌年7月に文部科学省が同短大を運営する学校法人・瑞穂学園に対し、私立学校法の規定に基づき「解散」を命じた。

 土地・建物については債権者が03年4月、地裁酒田支部に競売を申し立てた。3回の競売手続きで買い手が付かなかったが、今年1月の特別売却で、老人ホームの経営などを目的とするシルバーホームコスモスが7500万円で購入を希望し、保証金を支払った。しかし、残金を支払い期限までに納めることができず不調に終わった。

 その後、今年5月に行われた競売で男性が7800万円を提示して落札。男性は保証金約1500万円と残金を期間内に納付。所有権の移転登記も完了した。

 荘内日報の取材に対し、男性は「有料老人ホームは来年5月のオープンを目指している。今は建物内の使えるものとそうでないものを仕分けている状態」と話した。一方、齋藤社長は「細かい点で決まっていないことは多いが、男性と共同経営を進めていく方針は間違いない」と語っている。

有料老人ホームの整備が進む旧酒田短大の校舎
有料老人ホームの整備が進む旧酒田短大の校舎



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field