文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2010年(令和-8年) 6月23日(水)付け紙面より

キビソと鶴岡シルク魅力紹介

 新たに開発したキビソを旗印に「鶴岡シルク」のブランド化戦略を進める鶴岡織物工業協同組合(田中尹理事長)は22日、鶴岡の伝統産業でもある絹織物生産の出発点となった鶴岡市羽黒町の松ケ岡開墾場内に、キビソを使った製品を展示、販売するアンテナショップを開設した。同組合初の常設ショップで、組合は「キビソが持つ独特の風合いに直接触れてもらえるショップをようやく開設できた。キビソを通して地元や県内外の人々から鶴岡シルクに理解を深めてもらえれば」と話している。

 アンテナショップは、松ケ岡開墾場にある「待カフェ」のアートスペースに開設した。広さ約20平方メートルで、同組合と「キビソ・プロジェクト」を進める世界的なテキスタイルデザイナーの須藤玲子さんがデザインしたストールやバッグ、「kibiso」のロゴマークを担当したアートディレクターの佐野研二郎さんデザインのネクタイやハンカチ、ブックカバー、バッグなど百数十点が並ぶ。販売価格帯は1000円台から1万5000円前後。

 米国のセントルイス美術館と、スミソニアン博物館系列の美術館にそれぞれ永久保存されたものと同じ、キビソの布地も展示したほか、蚕が繭(まゆ)をつくるときに最初にはき出す糸・キビソの原糸も展示するなどし、同組合の取り組みも紹介している。

 同組合は3年前にキビソ・プロジェクトをスタート。経済産業省の支援を受けるなどして、機械で織れる糸の開発と製品化を進めた。これまで、東京や京都などで展示会を開いており、販路開拓が次なるステップとなっていた。組合には、キビソの評判を聞いた県外の人たちから「どこで売っているのか」といった問い合わせも多く寄せられていた。

 松ケ岡開墾場にアンテナショップを開設した意義について、同組合理事でキビソ・プロジェクト・リーダーの大和匡輔・東福産業社長は「松ケ岡は鶴岡の絹織物の原点。先人たちが残した貴重な遺産でもあるこの場所にショップを開くことで、組合としてもう一度、鶴岡シルクのものづくりの原点に立ち返りたい」と説明。「地元の人だけでなく、県内外から訪れる人々から、松ケ岡の歴史とともに、新しい時代のキビソと鶴岡シルクに触れてもらいたい」と話した。

 ショップをテナントとして受け入れた、待カフェを運営する松岡物産の酒井忠順社長は「松ケ岡開墾場に新たな魅力が加わった。大蚕室に展示している鶴岡の絹文化を伝える史料とともに、キビソのストーリー性を伝えていきたい」と話している。

松ケ岡の「待カフェ」内にオープンしたキビソと鶴岡シルクのアンテナショップ
松ケ岡の「待カフェ」内にオープンしたキビソと鶴岡シルクのアンテナショップ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field