文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(令和-1年) 01月28日(土)付け紙面より

冬の魅力発信誘客へ

 雪になじみのない外国人旅行客から雪遊びを楽しんでもらい、雪深い自然環境を魅力として発信し誘客につなげようと、鶴岡市のあつみ温泉にある旅館と、地元のNPO法人が連携して雪遊び体験事業を展開している。26日からは、春節(旧正月)の大型連休で訪日している台湾からの旅行者を対象にモニター体験を開始。温泉街近くの特設会場で雪灯籠やチューブ滑りなどを体験させている。

 同市温海地域の海や山といった豊かな自然や文化を活用した体験型観光を幅広い年代層にコーディネートしていこうというNPO「自然体験温海コーディネット」(五十嵐伊都夫代表)と、あつみ温泉の高見屋別邸久遠、たちばなや、萬国屋の3旅館が今回初めて企画した。

 日本政府観光局によると、2016年の訪日外客数は1月10日発表の推計値で前年比22%増の約2400万人で、5年連続で前年を上回っている。あつみ温泉でもこの影響は見られ、高見屋別邸久遠では、年間約500人の外国人宿泊客が2年前からは約800人に増加しているという。

 この一方で、あつみ温泉では特に冬季間、夕食後の時間に、Wi―Fi(公衆無線LAN)が整備してある旅館のロビーで過ごすなど手持ち無沙汰な旅行客の姿が見られた。こうした課題を解決するため、旅館側が同NPOに働き掛けて企画し、26日から来月2日までの期間をモニター体験として実施。

 雪遊び体験の流れは、各旅館で宿泊客へ当日声を掛けてもらい、1人500円で参加希望者を募集。参加者は温泉街からバスで10分ほど移動し、同市一霞地内にある道路沿いのカブ畑を利用した特設会場へ。午後8時ごろから約1時間活動する。内容は、スノーチュービングや、雪上宝探し、ミニ灯籠作り、かまくら体験など。体験活動の専門的な知識技術を持つ地元住民などが有償でスタッフを務め、事前の会場設営や当日の活動をサポート。市温海庁舎は灯光器などの貸し出しで協力した。

 1月中旬から進めてきた研修などを経て、26日は初めての本番。スタッフ約10人、チャーター便ツアーで訪日している台湾からの旅行者34人が参加した。初めにスタッフが、ツアーガイドから通訳で協力してもらいながら自己紹介や内容説明。

 初めて雪に触れるという参加者が多い中、緩斜面に特設したコースのチューブ滑りや、旅館から提供してもらったアメニティーグッズ詰め合わせを探す雪上宝探しなどが行われた。ミニ雪灯籠作りでは、スタッフのジェスチャーで作り方を教わりながら一人一人がバケツや移殖ベらを使って作成。ろうそくの明かりが照らす幻想的な景色が広がると、歓声を上げていた。

 参加した40代の夫婦は「東北地方へは初めて。雪遊び体験は楽しかった。多くの台湾人が喜ぶ内容だと思う」と話していた。

 同NPOで観光コーディネーターを務める冨樫繁朋さん(37)は「当初20人ほどの受け入れ定員で企画しており、声を掛けた60人のうち約半分の方から興味を持っていただいたということで、ニーズはあると感じた。今後は、地元と外国の子どもたちが交流する場もつくりたい。将来の温海の観光人材の育成にもつなげられれば」と話していた。

あつみ温泉に訪れている外国人旅行客が、雪遊びを体験し歓声を上げていた=26日、鶴岡市一霞
あつみ温泉に訪れている外国人旅行客が、雪遊びを体験し歓声を上げていた=26日、鶴岡市一霞


2017年(令和-1年) 01月27日(金)付け紙面より

昔の遊び楽しい!!  お年寄りの妙技に歓声湧く

 鶴岡市京田の高齢者でつくる京田地区鶴亀老人クラブ(佐藤年繁会長)と、地元の京田小学校(布川敦校長、児童84人)の児童との交流会が26日、同校で行われ、昔の遊びを通して交流を深めた。

 同校と同老人クラブは、2007年から毎年この時期に昔遊び交流会を開いているほか、花の苗植えやグラウンドゴルフなども行い、年間を通して交流している。今回は同地区の75―93歳のお年寄り24人と、1、2年生の児童29人が参加した。

 初めに、佐藤会長が「われわれはこたつに入っている人ばかり。今日は、元気な皆さんから鍛えてもらいたい」などとあいさつ。その後、児童たちはお年寄りと一緒に、けん玉や、おはじき、かるた、こま回し、あや取り、羽根突きなど思い思いの遊びに興じ、お手玉やこま回しでは、お年寄りたちの妙技に「すごい」「うまい」と歓声を上げた。1年生の小野留誠君(7)は「お手玉を3つもできるなんてすごい。教えてもらって上手になりたい」、佐藤清女さん(80)は「昔を思い出す。子どもたちから元気をもらった」とそれぞれ話していた。

昔の遊びを通して交流を深めた
昔の遊びを通して交流を深めた


2017年(令和-1年) 01月27日(金)付け紙面より

庄内浜トラフグ定着へ

 冬の新たな観光資源として定着を図っている「庄内浜産天然トラフグお披露目会」が25日夜、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれ、「食の都庄内」親善大使の料理実演などを楽しみながら地元で捕れる旬の味覚を味わった。

 10年ほど前から庄内浜で捕れるようになったトラフグを、冬の寒ダラと並ぶ観光資源に育てていこうと、県庄内総合支庁が中心になってブランド化を推進。本年度は地元であまり食習慣がないことから地元飲食店での提供をアピールするキャンペーン(2月9日まで)を展開中。お披露目会は地元各界の関係者に味わってもらい、おいしさを広く発信してもらおうと同支庁と管内5市町で構成する「食の都庄内」ブランド戦略会議が主催した。

 この日は政財界、大学、商工団体、漁業、食産業、観光、報道関係などから約100人が参加。齋藤稔支庁長は「来年からは地元定着と合わせ、ツアー造成など観光資源として活用していく。庄内で実際に捕れたトラフグを味わって、おいしさを実感してもらい発信してもらえれば」とあいさつ。庄内浜文化伝道師協会の石塚亮会長は「多様化の時代、タラもトラフグもとなれば」と期待を込めた。

 この日はトラフグ25匹、計68キロを調達し、前菜のにこごりいくら載せや白子の茶わん蒸し、ひれ酒、てっちり(鍋)などにして提供。会食の合間には太田政宏シェフと土岐正富さんの2人が洋風のフリッターや空揚げを実演し提供。庄内沖での漁を紹介する映像なども披露され、新たな食の魅力に触れた。

 「食の都庄内」サポーターの齋藤幸子さん(64)は「ぜいたく感を味わった。白子の茶碗蒸しなど一品料理でも気軽に食べられるようになれば」と話していた。

洋風の揚げ物・フリッターなどを実演する「食の都庄内」親善大使の土岐さん(右)と太田シェフ
洋風の揚げ物・フリッターなどを実演する「食の都庄内」親善大使の土岐さん(右)と太田シェフ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field