文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

庄内釣りだより

全般的にクロとアジ釣果

鶴岡・田川

 海…加茂から鼠ケ関までの地磯や漁港堤防、それに沖磯などでは、クロダイとアジが全般的に釣れるようになってきた。その日の条件でむらがあるものの、1カ所でクロダイは30~40センチの型を主体に1~5匹の釣果で、アジは20~30センチが10~50匹の釣果。クロダイは終日狙えるが、アジは夕方から夜が有利。堅苔沢堤防の外海向きの釣り場などでは、夜に40センチほどの大型アジが交じって釣れる。クロダイ、アジともに餌とコマセはオキアミが無難で、浮き釣り、庄内中通し釣法のいずれでもよいが、コアミのコマセだと集魚に即効性がある。投げ釣りでは、イソメや貝などの餌で、アイナメの30~40センチが好調で、1カ所で2~5匹程度の釣果。

 一方、各漁港から1時間ほど沖に出る船での沖釣りでは、メバルが釣れる。水深80~130メートルラインでは25センチ~30センチの型が主。胴付き仕掛けの10本疑似餌針に、ホタルイカやイカを短冊に切った餌を付けるとよく、1人で50匹前後の釣果。

(情報提供・情報提供・フィッシングストアカトウ

◇   ◇

サーフで好調キス良型も

酒田・飽海

 海…キスがサーフで好調。20センチ前後がメーンで25センチ超の良型も交じる。多い人だと20~30匹。いる所といない所がはっきりしており、まずは場所を探ることが大事。水路や本港内ではサビキでアジ。夏の海になっているようで良型は少なく、15センチほどが主流。

 水量が落ち着き、濁りが取れた最上川や吹浦の河口ではルアーでフッコ・スズキサイズ。全般的に小ぶり。河口付近ではヒラメも上がり始めた。青物は全般的にいまひとつの状況。

 川…クマを中流域でも見たという人がいるほどで、入る際は気を付けて。

(情報提供・情報提供・フィッシングトミヤマ

2018年6月9日(土)更新)
◇   ◇
※このページは毎週金曜日に更新します。
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field