文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(令和-7年) 2月18日(金)付け紙面より

濃厚でさわやかな味 JA山形農工連 柿酢使いジュース新製品

 JA山形農工連(酒田市砂越)が、イタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行オーナーシェフと共同開発した庄内柿を使った柿酢ドリンクの新製品「イエローマジックジュー酢(す)」の発表会が16日夜、鶴岡市のイル・ケッチァーノで開かれた。試飲した参加者からは「濃厚だがさわやかな味で、とてもおいしい」と好評だった。

 同農工連は、地元特産の庄内柿で柿酢を製造するほか、山ブドウやリンゴ、ブルーベリーなどを加えたさまざまな柿酢ドリンクを商品化。ジュースタイプの新製品は、2年前から奥田さんと共同開発を進めてきた。

 イエローマジックジュー酢は、柿酢と遊佐町産のイエローパプリカ、ブラジル産のオレンジの「黄色」の素材を組み合わせて開発した。奥田さんは「夏バテ予防に、柿酢にオレンジ果汁を入れて飲んでいる。とても元気になるので、それをヒントに、パプリカの苦味を加えたジュースにした」と説明。自身の似顔絵などが入ったパッケージも奥田さんが監修した。3月下旬からイル・ケッチァーノや、東京駅構内に開店したレストラン「Yudero 191 フロム アル・ケッチァーノ」で、ペットボトルタイプの280ミリリットル入りを300円で販売する予定。都内のデパートなどにも販路を広げる考え。

 発表会には開発に携わった関係者ら約20人が参加し、農工連の担当者が「奥田シェフのマジックがさく裂した柿酢ドリンクができた」と紹介した。参加者は「パプリカのほのかな香りと苦味がアクセントとなり、とてもおいしい」「柿酢とパプリカ、オレンジの味のバランスが絶妙だ」などと話していた。同農工連が開発中の柿酢に山ブドウなどを加えた「ノンアルコールカクテル」の紹介と試飲も行われた。

参加者たちが柿酢を使った「イエローマジックジュー酢」で乾杯
参加者たちが柿酢を使った「イエローマジックジュー酢」で乾杯



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field