文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 10月23日(日)付け紙面より

旬の味覚 地元食材PR

 首都圏などからの旅行者に食の都をアピールする「鶴岡にぎわい市」が22日、鶴岡市の鶴岡公園疎林広場で開かれ、市民も参加して旬の味覚や庄内・鶴岡ならではの食材、食文化、伝統芸能を堪能した。23日も開かれ、2日間で首都圏や仙台圏から約300人のツアー客が訪れる。

 JR東日本と大手旅行代理店のクラブツーリズム、鶴岡市などが連携した共同誘客イベントで、2009年から毎年開催しており、今回が3回目。疎林広場には約30張りのテントが設けられ、地元の22業者・団体が出展した。

 22日午前中は曇り空となったものの、芋煮やガサエビ汁、イカ飯、弁慶飯、庄内柿やブドウ、リンゴの果物、つや姫の米粉を使ったパン、地酒や月山ワイン、漬物などの販売に大勢の旅行者や市民が繰り出した。

 特設ステージでは出羽三山山伏による東日本大震災復興祈願、櫛引地域の天狗(てんぐ)舞と獅子舞の伝統芸能や念珠関辨天(べんてん)太鼓の披露もあり、鶴岡の文化も紹介した。

 千葉県市川市からツアーに参加した60代の女性は「地元ならでは、ここでしか味わえない食べ物が多く、来て良かった。地元の人とも触れ合えるにぎわい市の雰囲気がとてもいい。獅子舞を見て、子供のころを懐かしく思い出した」と話した。

 鶴岡市によると、ツアー客は昨年の3分の1ほどという。蔵王や鳴子の紅葉と庄内観光を組み合わせた1泊2日の商品を企画した旅行代理店の担当者は「福島の原発事故の影響もあるのではないか」と話していた。

首都圏や仙台圏の旅行者と市民が大勢訪れ、鶴岡の実りの秋を楽しんだ
首都圏や仙台圏の旅行者と市民が大勢訪れ、鶴岡の実りの秋を楽しんだ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field