文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2015年(平成27年) 2月20日(金)付け紙面より

鉄門海上人から200年の節目 酒田・海向寺の大護摩祈願祭

 酒田市日吉町二丁目の海向寺(伊藤隆文住職)で18日、恒例の大護摩(ごま)祈願祭が行われた。1815(文化12)年に8代住職の鉄門海上人が始めた行事で、今年が200年の節目。境内を埋めた多くの参拝者が交通安全や身体堅固、商売繁盛などを祈願した。

 海向寺は約1200年前に真言宗の開祖・弘法大師が開山したと伝えられている。真然上人が湯殿山大権現を勧請、忠海上人(中興初代住職)、鉄門海上人がそれぞれ再興して現在に至っている。

 毎年2月18日に行われる祈願祭は、人々の暮らしが旧暦を基にしていたころには新年が始まる行事とされ、その年の豊作などを願って遠方から泊まりがけで来る人もいたという。

 この日は市民ら約150人が参拝に訪れた。僧侶が個人名・地区名を読み上げながら護摩祈祷(きとう)・梵天加持をした後、総代、年男・年女らが「福は内」と唱えながら豆まき。集まった人は畳に散らばった豆を拾い集めていた。

 祈祷に先立ち、伊藤住職が同寺の歴史について講話した。

商売繁盛など祈願した海向寺の大護摩祈願祭
商売繁盛など祈願した海向寺の大護摩祈願祭



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field