文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月27日(日)付け紙面より

熱々寒ダラ汁に舌鼓

 庄内の冬の味覚寒ダラを味わう「第32回酒田日本海寒鱈(かんだら)まつり」が26日、酒田市の中通り商店街をメーン会場に開幕。寒空の下、大勢の家族連れらが熱々の寒ダラ汁などを味わっている。27日(日)も行われる。

 地元の食文化の魅力を発信し冬季の観光振興につなげようと、市や市内の商工・観光団体などで実行委員会を組織し、毎年この時期開催している。今年は26、27の2日間、中町モール、中通り商店街、さかた海鮮市場、中央公園で実施し、白子や岩ノリなどが入った寒ダラ汁を1杯600円で提供。

 初日の26日は、時折晴れ間も見える好天となり、午前10時半の開始とともに大勢の家族連れが会場に足を運んだ。訪れた人たちは寒空の下、大鍋から提供される熱々の寒ダラ汁に舌鼓を打った。

 夫婦で訪れた同市亀ケ崎五丁目の大滝三好さん(60)は「毎年楽しみにして来ている。寒い中食べるこの時期の寒ダラは最高」と笑顔を見せていた。

 中央公園では「酒の酒田の酒まつり」として酒田市・遊佐町の9蔵元が新酒を1杯100円で提供。秋田・酒田交流事業として秋田市の地酒やきりたんぽ鍋も販売。中通り商店街では「食の都庄内」親善大使による寒ダラ料理の販売も行われ、にぎわっていた。

 27日は午前10時半から午後3時まで(寒ダラ汁・酒の販売は午後2時ごろまで)。市消防出初め式(午後0時10分―)や世界の料理フェア(午前11時―)も開かれる。
           

湯気が立ち上る大鍋から熱々の寒ダラ汁が提供された
湯気が立ち上る大鍋から熱々の寒ダラ汁が提供された



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field