文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月31日(木)付け紙面より

カシミヤしのぐ新素材の原毛 スパイバーが開発

 鶴岡市のバイオベンチャー企業のSpiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)が、高級毛織物のカシミヤをしのぐ風合いを持つ新素材の原毛を開発した。29日に製造工程とともに報道機関に公開した。保温などの機能性を含めカシミヤ以上の品質と低価格を実現する新素材で、既に国内外のアパレル企業から引き合いがあり、同社は2021年から量産化を目指す。

 スパイバーは、クモの糸などの遺伝子情報を基に合成した構造タンパク質の素材開発を手掛ける。公開した新素材は、欧米の著名ブランドをはじめとするアパレル業界で、動物素材を使わない「アニマルフリー」や脱プラスチックなど環境負荷の少ない素材への関心の高まりを受け、3年前から開発を進めてきた。

 素材の原料となるタンパク質は、独自に設計した遺伝子情報を微生物に組み込み、サトウキビやトウモロコシ、キャッサバなどを由来とする糖分が入った発酵槽で培養して作る。タンパク質を粉末状にしたものを特別な液体に溶かし、独自の技術で多様な繊維、樹脂などにする。

 同社で開いた新素材の説明会で、関山代表執行役は「動物や石油に頼らない高品質で安価な素材へのニーズがあり、この原毛は新たな選択肢になる。従来のアパレル分野だけでなく、幅広い産業への活用が見込まれる」と語った。

 タイに建設する大規模プラントで、21年から原料となるタンパク質の量産化に入り、素材の価格は「カシミヤの半分か、数分の1」(関山代表執行役)を目指す。少量であれば、タイでの量産化を前に市場投入も視野に入れ、本社製造施設の増設も計画する。原毛の新素材については、評判を聞き付けた国内外の2桁のアパレルメーカーから引き合いがあるという。

カシミヤをしのぐ新素材の原毛を手にする関山代表執行役
カシミヤをしのぐ新素材の原毛を手にする関山代表執行役

鶴岡本社にある新素材などのタンパク質発酵培養設備
鶴岡本社にある新素材などのタンパク質発酵培養設備


2019年(平成31年) 1月31日(木)付け紙面より

「越沢三角そば」活用拡大を

 鶴岡市越沢集落に伝わる在来作物「越沢三角そば」の活用拡大を図ろうと、そば粉を使ったお菓子作り講習会が27日、越沢センターで開かれた。焼き菓子に「三角そばの甘い香りがする」と手応えを感じさせる出来となった。

 この日は地元の子どもから大人まで35人が参加。米粉などの利用拡大を図る地元のお菓子作りグループ・福栄食彩工房「コッペ」の指導でプリンと、スノーボール、クルミ入りシガーロールなどを作った。出来上がったそば粉の洋菓子に、参加者からは「そば粉で作られるなんてびっくり」「家でも作りたい」などと好評。生産組合からそば粉を分けてもらう人もいた。

 越沢自治会で組織するまやのやかた産業部の野尻善共さん(64)は、「予想以上の多くの参加があり、地元の三角そばへの期待の表れと思っている。生産量や、まやのやかたでの販売数も年々増加しているので、勢いを持って楽しみながらやっていきたい」と話した。

 同自治会が主催して初開催。市6次産業化ファーストステップ推進事業補助金を活用した。越沢三角そばは生産組合が主体となって、生産体制構築や生産量拡大、ブランド力の向上、販売促進などの取り組みが進められている。自治会が運営する「まやのやかた」での提供がメーンとなっている。本年度は組合員9人が計約4・1ヘクタールで作付け。来年度は約6・5ヘクタールまで増やすという。

在来作物のそば粉を使って焼き菓子作り
在来作物のそば粉を使って焼き菓子作り



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field