文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 7月4日(土)付け紙面より

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学院生の指導でオンラインでつながり、コミュニケーションを楽しんだ。

 同研究所が地域連携プロジェクトの一環で初めて企画。同研究所の「からだ館」が主宰するがん患者サロン「にこにこ倶楽部」の60―70代の会員7人が参加し、社会人大学院生5人の指導でオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」の接続を学んだ。

 参加者はパスワードを入れるなどパソコンを操作し、画面に自分の顔が現れると、「あれまっ」と顔を赤らめる人も。7人全員がつながると、「先日はどうも」など会話を楽しんでいた。

 同市木野俣の無職、伊藤富博さん(70)は「意外に簡単だった。これまでもからだ館で同じ境遇の人と出会ったり、最新の情報を得て最新の治療を受けたりと、つながる大切さを感じていた。こうして簡単にネットでもつながると分かり、心強い。今後もいろいろ使ってみたい」と話した。

 同研究所地域連携担当の坂井明子さんは「新型コロナウイルスで思うように外出や対面ができない今、高齢者こそこうしたノウハウを習得すべき。在宅診療など応用も広がる。勉強会は地域や医療機関で開くことも検討したい」と話している。

ズームでコミュニケーションを楽しむ参加者たち
ズームでコミュニケーションを楽しむ参加者たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field