文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 4月13日(火)付け紙面より

庄内浜も春風景 刺し網漁本格化 例年より早くヒラメ最盛期

 庄内浜で春の刺し網漁が本格化している。

 鶴岡市の由良漁港では、前日の夕方ごろ沖合約2~3キロに仕掛けた網を翌朝に引き揚げ、漁港に戻って網にかかった魚を外す作業が進められている。

 魚種はヒラメやクチボソカレイ、ホウボウなど。中でもヒラメは水揚げの最盛期を迎えている。

 ヒラメは大きいもので体長約60センチ、重さは4キロを超えるものも。漁師の一人は「ヒラメが本格化するのは例年より2週間ほど早い。海水温が関係しているのだろう」と話しながら鮮度を保つ「活(い)け締め」をしていた。

 ヒラメの刺し網漁は6月上旬まで続くという。

ヒラメの「活け締め」作業=12日、由良漁港
ヒラメの「活け締め」作業=12日、由良漁港



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field