文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 4月24日(土)付け紙面より

ひと 地域との連携と協働大切に

鶴岡警察署の新署長 高山 浩喜(たかやま ひろき)さん

 小学生の頃、舟形町の自宅近くに駐在所があり当時のお巡りさんからよく面倒をみてもらった。「警察官が身近に感じた時でもありました」と振り返る。

 高校入学後、どの部活動に入ろうか迷っていた時、担任の先生から「剣道をしてみないか」と勧められて入部。大学でも剣道を続け卒業後、警察官の道に進んだ。

 天童署を皮切りに山形署、機動隊、小国署、運転免許課(総合交通安全センター)などに勤務。26年前の阪神淡路大震災では応援部隊として現地に赴き、信号機が機能しない中で車両を誘導する交通整理を行った。その後、世の中を揺るがしたオウム真理教の拠点施設がある上九一色村での検問や、飯豊・朝日連峰での山岳遭難救助活動などが思い出深いという。

 心掛けていることは「地域との連携と協働」。安全で安心なまちづくりには「警察の力だけではできません。交通安全協会など各種団体や市町村、そして地域住民が一体となり、お互い協力し合って役割を果たすことが大切だと思います」。鶴岡署に赴任してまだ間もないが、特殊詐欺(うそ電話詐欺)を未然に防いだ事案と、道に迷った高齢者を保護した市民に署長感謝状を贈った。「地域との連携の大切さ」がその背景にある。

 「市民目線に立って仕事することも大事。県警本部でも力を入れていますが、県民の『ディフェンス力』というものも高めていきたい」。新署長としての抱負を語った。

 今でも続けている剣道は七段の腕前。新型コロナウイルスの感染防止の関係で「なかなか稽古できないのがつらい」と。2人の娘は結婚。単身赴任だが、天童市の自宅には妻と2匹の柴犬が待っている。「自宅では犬が主役。自分は散歩係専門です」。好きな言葉は「粘り強く」。58歳。

画像(JPEG)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field