文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 4月30日(金)付け紙面より

庄内空港供用開始30周年記念 「おいしい翼のマルシェ」開幕

 酒田市の庄内空港は1991年、全日本空輸(ANA)の就航によって供用が始まり今秋、30周年の節目を迎える。これを記念し庄内空港ビル(同市、山下高明社長)など3社は、国内の名産品・グルメを取りそろえた月替わりの物産展「おいしい翼のマルシェ2021」を年間を通し空港ビル1階で実施。第1弾として29日、「東京展」が開幕し早速、旅行気分を味わおうという市民が訪れ、品定めする姿が見られた。

 庄内空港ビル、ANAあきんど(旧ANAセールス、東京都中央区、高橋誠一社長)、空港内ギフトショップを運営するANA FESTA(東京都大田区、鈴木裕二社長)が地元の人たちに感謝の気持ちを伝えるとともに、コロナ禍で外出もままならない状況下、空港で少しでも旅行気分を味わってもらおうと企画した。

 奇数月が全国各地の名産品を集めた地域物産展。東京を皮切りに沖縄(7月)、北海道(9月)、九州(11月)、西日本(来年1月)を予定。偶数月は全国のグルメを紹介する「全国の〇〇大集合」で、カレーライス(6月)、ラーメン(10月)などラインアップ。

 「東京展」では、空港ビル1階の特設会場に銘菓を中心に30種余がずらりと並び、訪れた人たちは品定めをしながら買い求めていた。マルシェ店長を務める伊藤真由美ANA FESTA庄内店長は「旅行に行きたくても行けない状況が続く中、『ご当地物』で行った気分を味わってほしい」と話した。「東京展」は5月5日(水)まで。

節目記念の「翼のマルシェ」が開幕。初日午前から大勢が訪れた
節目記念の「翼のマルシェ」が開幕。初日午前から大勢が訪れた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field